身も心も気持ちよく寛ぎたい!知らないと恥ずかしい「温泉の入浴マナー」はコレ!

たくさんの人が利用する温泉は、“騒がない”“走らない”というような公共施設での常識マナーのほかに、守るべき「温泉の入浴マナー」があります。
温泉で気持ちよく過ごせるように、知っておきたい注意点をまとめてみました。知っている人も知らなかった人も、これらのマナーを再確認してみてくださいね。

湯船に入るときは…お湯を汚さないようにしましょう!

露天風呂
“わ~!温泉だ~!”と、早く湯船に浸かりたい気持ちはわかりますが、ちょっと待って!
まずは、肩にかかる長さの髪の毛はまとめましょう。髪の短い人もシャワーキャップを被るのがおすすめです。
そして、身体に「かけ湯」「かかり湯」をするのを忘れずに。湯船のお湯を汚さないようにするのが目的ですが、温泉のお湯に身体を慣らすという意味もあります。
スポーツの後などで汗をかいていたりする場合は、先に身体を洗ってから湯船に入りましょう。タオルを湯船に入れないのも、大切なマナーです。

洗い場では…ゆずりあって使いましょう!

いす・おけ
貸し切り風呂でない限り、入浴グッズなどの私物を置きっぱなしにして、洗い場の場所取りをするのはNGです。
その場を離れる時は、使ったイスやおけは洗ってから元の場所に戻しましょう。
備え付けのシャンプーやボディソープなども元の場所に戻しましょう。髪の毛やゴミは残さないように。
また、シャワーのお湯は思いのほか、周りに飛んでいるものです。他の人にかからないように、シャワーの扱いには特に気をつけましょう。

脱衣所では…床を濡らさないようにしましょう!

脱衣所
温泉から上がって、脱衣所に戻るときには絞ったタオルで身体を拭きましょう。これは、脱衣所の床を濡らさないためです。
そして、入浴後は水分補給を忘れずに。
女性の場合、生理のときは湯船に入らないようにしましょう。体調が悪いときも同じです。
また、大きな声でのおしゃべりや、写真撮影もNGです。
温泉は身体や心を癒やす場所ですので、周りの人への気配りを忘れずに、楽しんでくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。