• 17/01/24
  • トリップ
  • 256views

トリドリ編集部

日本のウユニ塩湖?千葉の絶景夕日スポット「江川海岸」で幻想的な風景に酔いしれよう!

江川海岸の海中電柱 イメージ
千葉県木更津市にある「江川海岸」は、東京湾に沈む美しい夕日が眺められる絶景夕日スポットです。海中に埋まった電柱と夕日のコラボレーションはまるで映画のワンシーンのよう!条件によってはまるでウユニ塩湖のように幻想的な景色にもなります。今回は魅力たっぷりの江川海岸についてご紹介します。

海中電柱と夕日が絵になる江川海岸

江川海岸の海中電柱 夕焼け イメージ

アクアラインの木更津金田I.Cから約5kmのところにある、東京湾に面している「江川海岸」。最寄りに公共交通機関がないため、車か内房線の巌根駅からタクシーで向かうといいでしょう。夕日が美しく見られるおすすめの時間帯は、日没前後1時間のいわゆるマジックアワーで、夕日で真っ赤になった海と、夕日の影になって黒く染まった電柱との幻想的な風景を楽しむことができます。夕日が沈んだ後も対岸の夜景が楽しめるので、夕暮れ時から海岸でのんびり過ごしてもいいですね。電柱に沿った水路は潮が満ちると危険なので立ち入り禁止になっています。マナーをしっかり守って美しい夕日を眺めましょう。

江川海岸で秘境ウユニ塩湖を体験しよう

ryoco さん(@pucuk_ryoco)が投稿した写真

江川海岸はボリビアにある秘境ウユニ塩湖にそっくりだといわれています。ウユニ塩湖はアンデス山脈にある湖で、塩湖の高低差が50cmしかないため、空の雲や青空がそのまま湖面に映り、まるで地面に鏡が敷いてあるように、上も下も同じ景色といった神秘的な風景を見ることができます。ウユニ塩湖のような、空と水面の堺がわからない絶景が実は江川海岸でも見ることができますよ。そのため、江川海岸は「日本のウユニ塩湖」と呼ばれており、海中電柱は満潮になると根元が水中に沈むので、ウユニ塩湖さながらの神秘的な美しさを目にすることができます。ただ、江川海岸は海なので、風が強い時は水面が鏡のようにならないので、晴れた日の海が穏やかな時を狙って行くといいでしょう。

■江川海岸漁業協同組合
・住所: 千葉県木更津市江川576-6
・営業時間: 平日 08:00から17:00まで
・定休日:土日祝
・電話番号:0438-41-2234
・HP:http://www.egawa-gyokyou.or.jp/index.html?underlayer=1
 

※情報は記事公開日時点のものになります。