• 2017年2月10日 更新
  • 326views

Yokito

飛行機内で歯に激痛!! 「もう気になって旅行どころじゃない!」とならないために歯医者へいこう☆

歯が痛い女性
結構ありがちな飛行機での歯痛…。この辛い歯痛、一度なると長引く傾向にあり、楽しみにしていた旅行に響くことになりかねません!歯の痛みで旅行が台無しなんて、そんな勿体ないことはないので、旅行前には早目に検査、治療をしておく必要があるんです☆

JALでは航空機内で虫歯の注意喚起がされているんです!!

JAL飛行機
Photo credit: Kentaro IEMOTO@Tokyo via Visual Hunt / CC BY-SA

機内で起こる歯痛、実は結構多くの人が経験しているってご存知でしたか?JALのウェブサイトでは「機内で発生しやすい症状」の一つとして歯痛が挙げられており、原因は虫歯や処置中の歯の中に含まれている空気が機体の上昇や下降で膨張、収縮するためとされています。

歯が痛くなってしまった時の対処法


旅行前に異変を感じていたら、歯医者に行っておくのが賢明ですが、急に機内で痛くなってしまうこともあります。そんな時のために、治療中の歯がある場合は、鎮痛剤を手荷物に必ず入れておきましょう!
思いがけない痛みで用意が無い場合は、客室乗務員にその旨を伝えれば機内に用意があるのでもらえます。

@hitos2jpが投稿した写真


また歯の痛みは顔の表面から冷やすことによって緩和できるので、客室乗務員に氷をもらうのがオススメですよ☆

長期で海外に行く方は、海外旅行保険で「緊急歯科治療費用補償」があるものを選ぼう!!

海外の歯医者さん

Photo credit: Aiko, Thomas & Juliette+Isaac via Visual Hunt / CC BY

海外では歯の治療費が日本の数十倍にもなると言われています。実際、筆者の住むスペインでも、歯に関しては日本と比べものにならないほど高額の治療費がかかります。そこで、今後長期で海外旅行を計画されている方には、「緊急歯科治療費用補償」がついている海外旅行保険に加入することをオススメします!この保険に入っておくことで、海外で急に歯医者に行かざるを得ない状況になっても、費用が補償されるので安心して治療できます。
歯医者での医療器具
以上が機内での歯痛対策ですが、やはり虫歯は旅行前に完治させておくのがベスト!歯が痛いと何をしていてもすっきり楽しめないので、ずっと歯医者に行くのをためらっていたのなら、旅行を機に行ってしまいましょう!

※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。