願いごとはひとつだけ!願いを叶えに自分のところに来て下さるお地蔵さま

京都嵐山にある「鈴虫寺(妙徳山華厳寺)」には、日本で唯一、わらじを履いたお地蔵さま「幸福地蔵菩薩」が立っておられます。なぜ、このお地蔵さまはわらじを履いているのでしょうか?そのいわれと、お参りの方法についてご紹介しましょう。

お地蔵さまが願いを叶えに来てくださいます

「鈴虫寺」の石段を上がった山門脇に、「幸福地蔵菩薩」が立っておられます。お地蔵さまは、道端や辻、峠、お墓の入り口など、様々なところで見かける仏様ですが、普通仏様は裸足です。「幸福地蔵菩薩」は、右手には錫杖(しゃくじょう)、左手には宝珠(ほうじゅ)をお持ちになり、足にはわらじを履いておられます。これは、このお地蔵さまが、願いを叶えに皆さんのところまで歩いて来てくださるからだそうです。
 

「説法」を聞いて「御守り」をいただき、願いごとをします

annaさん(@anna_koizumi)が投稿した写真

「鈴虫寺」では、寺院本来の参詣の方法をとっています。まず、書院にて住職の「説法」を聞きます。「説法」といっても難しいものではなく、お寺のことやお参りの仕方、あるいは日々の心の持ち方について、お話ししてくださるのだそうです。お茶とお菓子も出されます。説法を聞いたら、「御守り」をいただき、どうしても叶えたい願いごとをひとつだけしましょう。 御守りはお地蔵さまのお姿が入っているので、いつも身につけるようにしましょう。
 

個人拝観は予約不要。ただし混雑する場合もあります

@sa_yuu_kiが投稿した写真

人気の「鈴虫寺」へのお参りは、個人の拝観なら予約は不要です(団体は要予約)。拝観料は大人500円、子供(4歳~中学生)300円で、茶菓子付きです。時期や時間により、混雑することがあり、混雑予想はホームページで確認することができます。
秋だけでなく、四季を通じて鈴虫の音色を聞くことができる「鈴虫寺」。お地蔵さまにお願いをして、こころ和むひとときを過ごしてみませんか。願いが叶ったら、できればまた「お礼参り」をしてくださいね。
■妙徳山華厳寺 鈴虫寺
住所
京都府京都市西京区松室地家町31
拝観時間
9:00~17:00(最終受付16:30)
電話番号
075-381-3830
HP
http://www.suzutera.or.jp/
※情報は記事公開日時点のものになります。