• 17.02.16 更新
  • 117views

トリドリ編集部

Simple is the best!宿坊ステイの聖地・高野山で心のデトックス♡

“ミニマルライフ”、“ミニマリズム”など、必要最低限のもの中で生活しようという風潮が世界的にもブームになっている今日この頃。豪華な客室で優雅なひとときを過ごすのも素敵ですが、宿坊でミニマルライフを体験し、心洗われるような時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?
 

宿坊ステイが人気の高野山とは?

高野山 イメージ
和歌山県の北部、世界遺産にも登録された高野山。実は「高野山」という山はなく、標高1,000m級の山々に囲まれた盆地状の地域一帯のことを言います。山内は全体が金剛峯寺の境内となっています。空海が真言宗を開いたところでも有名なこの場所。ここで近年人気を集めているのが「宿坊」です。宿坊とは、僧侶や一般の人などが泊まれるお寺の宿泊施設のこと。高野山では120近く点在する寺院の約半数で、この宿坊を併設しています。近頃では観光客なども気軽に宿泊できるように、各寺院で様々なサービスや設備が整えられています。
 
 

高野山で唯一温泉がある「福智院」

中でも今回ご紹介したいのが「福智院」。数ある高野山の宿坊の中で唯一、天然温泉を備えています。24時間入浴可能で、内風呂だけでなく、なんと露天風呂も。床に畳が敷いてある畳の湯なんてのもあって、まるで旅館、いやそれ以上の安らぎや癒しを感じられそう。客室も、旅館のような畳の和室で、中庭の見える客室もアリ。他にも、施設内には中庭の景色を眺めながらゆったりとお茶が出来るコーヒーコーナーがあり、時計の針がどれだけ進んだのか…分からなくなりそうなほどに居心地のよい空間です。
 

精進料理も忘れてはならない

Yangさん(@dawnsyang)がシェアした投稿

宿坊ステイに欠かせないのが精進料理。精進料理とは、肉や魚などの動物性食物は一切使わず、野菜や豆腐など植物性食物のみで調理された料理のこと。肉や魚が食べられないので、一見物足りなさそうな感じがしますが、意外にそんなことはありません。小鉢に盛られているので1つ1つの料理のボリュームは少ないですが、品数がとにかく多い!全部食べたらお腹いっぱいです。高野豆腐や金山寺わさびなど、高野山ならではの食材を使った精進料理を充分に味わえます。そして、寺院ですから写経ももちろんあります。福智院では朝6時から勤行(ごんぎょう)をやっているので、是非供養や祈願なども参加してみて下さい。そして心もスッキリさせてくださいね。
■福智院
住所
和歌山県伊那郡高野町高野山657
電話番号
0736-56-2021
宿泊料金
1名 12,000円~(2名1室利用時。宿泊日、宿泊人数、プランにより変動あり)
HP
http://fukuchiin.com/
※情報は記事公開日時点のものになります。