トリドリ編集部

風光明媚な武家屋敷と桜のコラボレーション♪日本の情緒に浸れる角館桜まつりへ行こう!

寒い冬が終われば、多くの方が心待ちにしている「桜の季節」はすぐそこ。桜の木の下でお花見をすれば、日本の春を肌で感じることができます。東京でお花見を楽しんだ後は、桜前線と一緒に北上してみてはいかがでしょう?武家屋敷で有名な秋田県角館では、例年100万人を超える人で賑わう角館桜まつりがありますよ。

古きよき街並みに生えるシダレザクラ

@zizi410がシェアした投稿

江戸時代の初めに作られた街並みは、“みちのくの小京都”とも呼ばれ、古きよき城下町の街並みを残しています。観光用の街並みとしてではなく、今なお現役で生活の息遣いがきこえるところが大きな魅力です。春になると武家屋敷の街並みが薄紅色の桜に染まり、街中が華やぎますよ。街中を散策すれば、どこでシャッターを押しても絵になるような美しい情景です。角館のシダレザクラの中には天然記念物に指定されている木が162本もあり、古いものは樹齢300年を超えています。
■角館武家屋敷
 

川沿いに咲くソメイヨシノも美しい!

角館武家屋敷のすぐそばを流れる「桧木内川」の川沿いには、ソメイヨシノの桜並木が約2kmに渡って咲き誇ります。川に向かうように咲く桜の下は桜のトンネルのようで、歩けば心からうきうきしちゃいそう!
この桧木内川のソメイヨシノと、武家屋敷のシダレザクラを一緒に楽しめるのが「角館桜まつり」のおすすめポイント!
■桧木内川堤公園・武家屋敷

見かけたら是非たべてほしい「ババヘラアイス」

S_Tさん(@mr.soss_yyyy)がシェアした投稿

また秋田県各地の路上でおばあちゃんが販売しているアイス「ババヘラアイス」をご存知でしょうか?
巧みなヘラさばきで花の形などに盛り付けされるこのアイスは、見ているだけで楽しくなっちゃう素敵なアイス。ちょっと寒いと思うかもしれませんが、お見かけしたらおすすめですよ!

桜の美しさに浸れる角館桜まつり!人気のイベントなので計画はお早めに

美しい桜を愛でる人達で賑わう角館桜まつりは、だいたいゴールデンウィークにかけて行われます。昨年2016年は4月20日~5月5日の日程で開催されました。
桜の開花時期はその年々によって前後しますが、昨年2016年は4月20日に開花し、4月22日に満開の一番の見頃を迎えて、4月30日には葉桜となっていました。近づいてきたらHPでチェックすれば見逃すことはないでしょう。2017年の桜の開花予想や桜まつりの日程が発表されたら、まずは宿泊施設の予約です。例年100万人を超える人気の桜まつりなので、日程が近くなると宿泊施設の予約も難しくなります。つぼみから咲き初め、満開、散り初め、葉桜と移りゆく桜の姿は、どの時期に見ても美しいですね。例年期間中は、歩行者天国や夜間のライトアップなどもあるので、色んな美しさを堪能できますよ。
※情報は記事公開日時点のものになります。