• 17.02.20 更新
  • 882views

Yokito

せっかくの海外、ホテルの朝食ブッフェだけなんてもったいない!地元で朝ごはんを食べればもっと楽しい☆

旅行中、滞在しているホテルに朝食ブッフェが付いていると、ついついありきたりなメニューになりがち…。せっかくなら、日本でも食べられそうなモーニングから脱して、地元の人が食べている本場の朝ごはんを食べてみませんか?
朝食のテーブル
今回ご紹介するのは、世界の美味しい朝ごはん♪旅行に行った際には是非、試してみましょう!!

ベトナムは屋台のフォーやバインミー

ベトナムのバインミー
Photo credit: avlxyz via Visualhunt / CC BY-SA
ベトナムは物価が大変安く、またリゾートエリアや歴史的観光スポットが数多く存在していることから、女子旅でも大人気の国♪そんなベトナムでは朝食は屋台で済ませるのが一般的。特に人気なのが「フォー」やベトナム流サンドイッチの「バインミー」!バインミーはフランスパンに、レバーペーストやハーブ、玉ねぎなどが挟んだ、ヘルシーかつボリューミーなサンドイッチ♪食後は、ベトナムコーヒーをテイクアウトするのも地元っぽいですよ!

韓国の定番はスープやおかゆ

アワビ粥
Photo credit: pelican via Visual Hunt / CC BY-SA
お近くの韓国は女子旅の定番☆韓国の朝ごはんの定番はスープやおかゆといった、あたたかい汁物。 とくにアワビ粥は大人気。アワビの香りと優しい味付けが食欲をそそります。アワビの他にも、きのこや鱈、鶏肉など、栄養価の高いものが多いのが特徴。たっぷり食べて、朝から元気いっぱい観光を楽しみたいですよね☆

アメリカはダイナーのパン付きプレート

@_lizard_queen_91がシェアした投稿

日本流に言うなら食堂にあたる「ダイナー」でモーニングを食べるのが、外食派の朝ごはん♪お店ごとにいちおしメニューがありますが、ハンバーガーやトーストなどのパン類とベーコン、卵などが盛られたプレートがメイン。ニューヨークならベーグルサンドのお店が多いなど、地域差もおもしろい☆朝からこんなに高カロリーで大丈夫なの?というくらいに盛られたベーコンなどを見ると、いかにもアメリカっぽいですね♪

スペインやイタリアなどのヨーロッパ圏はクロワッサン

クロワッサンとエスプレッソ
Photo credit: Bex.Walton via VisualHunt.com / CC BY
以前にも私の記事でご紹介したことがありますが、スペインやイタリアではコーヒー一杯にクロワッサンが主流。スペインではトルティーヤなど塩っ気のあるものも好まれますが、イタリア人は甘いものしか食べません。そんなイタリアではカフェのテラスでクロワッサン&エスプレッソが基本。焼きたてのクロワッサンのバターの香りで食欲がそそられますよ☆

そんな世界の朝ごはんは、お土産にも最適?

今回ご紹介した世界の朝ごはん。旅のお土産にしてみては?自分で懐かしむもよし、友達に配るもよし。いいお土産になりますよ~。例えばアメリカではシリアルの種類がとても豊富で、選ぶのすらアトラクションみたいです☆カップに入った1人分(食べる直前にミルクをかける)が1ドル位で売られているので、何種類か買ってみるのもいいかも。また韓国のアワビ粥もレトルトパックで販売されているため、自宅で本場の味が楽しめます♪

maruさん(@333marusada)がシェアした投稿

ベトナムの朝ごはんの一つ、フォーもお土産として大人気!現地ではインスタントタイプのフォーがとても安く買えるので、是非買って帰りましょう!!
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。