トリドリ編集部

電車でペットと一緒におでかけ!準備は?料金は?注意点は?快適なおでかけのコツ教えます!

家族同様に一緒に過ごしている猫ちゃんやワンちゃんも、一緒に電車に乗るとなると、マナーを守って他のお客さんの迷惑にならないようにしなければなりません。
ペットを電車に乗せる場合、どんな準備をすればいいのか調べてみました。

鉄道会社ごとに利用ルールが違います

猫キャリーバッグ
電車にペットを乗せたい場合、鉄道会社によって利用ルールが違います。
例えば、JRの場合は「小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、長さ70センチメートル以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチメートル程度のケースに入れたもの。ケースと動物を合わせた重さが10キログラム以内のもの」と決められています。
手回り品の料金として280円かかります。駅の改札口で見せ、きっぷを購入します。
ペットを連れて乗りたい鉄道が決まったら、前もってルールを調べておきましょう。

電車に乗せるまでの準備を万全に

電車_山手線
Photo credit: t-mizo via VisualHunt.com / CC BY
キャリーケースやキャリーバッグを用意したからといって、すぐペットを電車に乗せてはいけません。
まず、落ち着いて静かに入っていられるように、ケースやバッグに慣れさせましょう。
そして、駅や線路の近くに連れて行き、電車の音にも慣れさせましょう。
前もって、一駅だけの乗車などで、練習をしておくのもおすすめです。
当日は、食事や排せつを済ませ、時間に余裕を持って出かけるようにしましょう。

ペットの顔出しはNGです

猫キャリーバッグ2
ペットを連れて電車に乗る場合、混雑する時間帯は避けましょう。
ケースやバッグは、膝の上または足元に置きましょう。
足元に置く場合、暖房などで暑くなる場合があるので気をつけてあげてください。
乗客のなかには、動物が苦手な人、動物にアレルギーのある人もいらっしゃいます。
ホームでも、車内でも、絶対に顔を出させないようにしてください。
ペットが鳴き始めたら、いったん電車を降りるのがマナーです。
お気に入りのおもちゃなどで落ち着かせてから、また乗るようにしましょう。
※情報は記事公開日時点のものになります。