• 17.02.25 更新
  • 1,358views

トリドリ編集部

“海外旅行に便利”ってよく聞くSIMフリーって何?メリットからWi-Fiレンタルとの比較まで!

SIMのイメージ画像
海外旅行でガイドブックと同じくらい、いやそれ以上によく使うのがインターネット。SNSに写真をアップしたり、現地の情報を調べたり…頻繁に使うからこそ、少しでも費用を抑えたいですよね。そんな時にオススメなのがSIMフリーの携帯電話やスマホを利用する方法です。海外では当たり前といっても過言ではないSIMフリー利用。いかに便利でお値打ちかということをご紹介します!

SIMフリーはこんなところが良い!

SIMフリーとは、簡単に言うと“自分の好きな通信会社(=キャリア)を選べる”ということ。SIMフリーの端末(iPhoneやタブレット)に、自分の好きな通信キャリアと契約したSIMカードを挿入して携帯電話やスマホが使えるというのは、日本でも利用可能ですが、とりわけその威力が発揮されるのは海外で使用する時。渡航先の国のキャリア対応SIMカードを購入すれば、データ通信料も通話料金も現地の価格となり、格安で済んじゃうんです!海外で携帯電話やスマホを使用するには、他にも
①日本の通信キャリア(docomo,au,softbankなど)の国際ローミングのプランを利用する
②現地で携帯電話をレンタルする
③Wi-Fiルーターをレンタルする
といった方法がありますが、「自分の端末をそのまま使用出来て、通信料も節約できる」という一石二鳥の良さがあるのは“SIMフリー利用”なんです。

手続き方法や電話番号などはどうなる?

SIMフリー利用がいいということは何となくわかっていただけたかと思いますが、購入場所や使用方法などは事前に把握しておく必要があるので注意してください。 まずは、SIMフリーの端末(スマホ)を事前に用意。方法は2通り

①SIMフリーの端末を購入する
②自分の今持っているスマホのSIMロックを解除する
 →2015年5月以降に発売された機種で、手数料が3,000円前後かかる場合が多い。詳細は自身の通信キャリアに確認

次に現地のSIMカードを入手することになりますが、こちらも
①日本で事前に購入する
②現地で購入する

の2パターンあります。日本では、量販店や空港の他、ネットショップでも入手可能。現地では、国によって異なりますが、上記に挙げた他にも、自動販売機のようなスタイルで手軽に購入出来たりするところもあります。しかしスマホの設定に詳しかったり、英語や現地の言葉が理解できるという人以外にはあまりオススメできませんので、そうでない方などは出発前に事前に購入しておくのが良いでしょう。そして注意点は、SIMカードを差し替えるため、電話番号が変わること!日本国内の人と頻繁に通話やSMS(ショートメッセージ)を行う場合には、事前に番号を伝えておく必要があるかもしれません。ちなみに、LINEは日本と変わりなく使用することが出来ます。一度に何カ国も周遊するのであれば、国ごとに現地SIMを買うよりも、周遊ローミング対応のSIMをGETしましょう。その方が、お値打ちかつ手間も省けます。

Wi-Fiレンタルとの料金比較をしてみよう!

では、実際にどれだけお得なのか、Wi-Fiルーターをレンタルした時とSIMフリー利用をした時の料金をハワイ、ヨーロッパ周遊の場合で比較してみました。

<例1:ハワイ6日間滞在の場合>
・Wi-Fi(グローバルWi-Fi 4G-LTEプラン)
 1日 970円(250MB/日)×6日(1,5GB)=5,870円
・現地SIM利用(ZIP SIM)
 1GB 25ドル(日本円にして約2,800円)、2GB 40ドル(日本円にして約4,500円)

<例2:ヨーロッパ周遊8日間>
・Wi-Fi(ユーロDETA basic)
 1日 690円×8日間=5,520円
・現地SIM利用(Three UK)
 1ヵ月 15ポンド(日本円にして約2,100円)(3GB)
レートは、2017年2月25日時点

SIMは他にもありますが、日本で事前購入できるキャリアを例にとってみました。記載の値段は現地購入の場合の値段なので、日本で事前購入の場合は送料分などもあり、ネットショップでは500円前後上乗せされた値段で販売されていることも多いです。それでも、Wi-Fiルーターをレンタルするより割安で回線を使用することが出来ますよね。さらに滞在期間が長いほど、SIMフリーの方が断然お得となります。海外に行く際は、是非SIMフリー利用を考えてみてくださいね!
※情報は記事公開日時点のものになります。