• 2017年3月1日 更新
  • 123views

Yokito

祝☆就航!成田―メキシコシティ間の直行便運航スタートで、今までよりもっと気軽に、快適に、メキシコ旅行を楽しもう♪

メキシコリゾートのイメージ
リゾート地としてますます人気を集めているメキシコ。独自の文化、美しい自然、メキシカングルメと魅力いっぱいの国ですが、経由でいくと結構時間がかかるというのがネックでした。しかし!2017年2月15日にANAから待ちに待った直行便が就航されたんです♪

最新機体を使用することにより、夢の直行便が実現!

ANAの飛行機
Photo credit: airlines470 via Visual hunt / CC BY-SA
ANAにとって、史上最長路線となる成田からメキシコへの直行便。そんな直行便運航が可能になったのも、エンジン性能が向上し、燃費効率も上がった最新機体ボーイング787-8を採用したからなんです♪メキシコへのフライト時間は約12時間。エンジン性能が上がっただけじゃなく、機体のメイン素材をカーボンにしたことで極度に乾燥させる必要がなくなり、揺れを軽減する機能が強化された機体なので、快適かつスピーディーにメキシコへ旅行に行くことが可能になりました。
■運航スケジュール
成田発/16:40~メキシコシティ着/13:55
メキシコシティ発/1:00~成田着/6:35
毎日運航ということで、より身近にメキシコが感じられますよね♪

直行便は、どんなフライトが楽しめるの?

メキシコ直行便の機体は客席が169席が用意されています♪その内約は、全て通路に面した独立フルフラットシート、そして液晶ワイドスクリーンが楽しめるビジネスクラスシートが46席。フットレストもついている、広々とした空間で快適に過ごせるプレミアムエコノミークラスが21席。シートのスリム化をはかり、広い空間が実現したエコノミークラスが102席になります。長いフライトも苦にならない工夫があちこちに施されているんです☆

@classicegoがシェアした投稿

また高解像度の液晶パネルが全席に設置され、エンタメコンテンツもさらに楽しめるようになっています。さらに忘れてはいけないのが機内食!こだわりのメニューは、機内食とは思えないデリケートで工夫が凝らされたものになっています♪帰りのフライトでは、きっと日本食が恋しくなってる頃…。そんな乗客の日本食シックもANAの機内食が癒してくれますよ♪

次の海外旅行は是非、メキシコへ♪

メキシコ・テオティワカン遺跡
嬉しい事に、直行便なら現地には経由便より10時間多く滞在できちゃうんです!2017年の海外旅行をお考えのアナタ♪是非、メキシコへ直行便で出かけませんか?
フライトチケットの購入はANAホームページから!
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。