• 17.03.07 更新
  • 260views

トリドリ編集部

春の季節がおすすめ!千葉・南房総のローカル線「いすみ鉄道」に乗ってみよう!

鉄道ファンでなくとも、暖かい陽射しを感じながらのローカル線の旅は心癒されますよね。千葉・南房総を走る「いすみ鉄道」は、春に乗りたい鉄道のひとつ。菜の花や桜など春の花がいっぱいの車窓からの眺め、うきうきする特別列車への乗車、いすみ鉄道の魅力をご紹介します。

「いすみ鉄道」とは?

いすみ鉄道

いすみ鉄道は、千葉県房総半島のいすみ市・大多喜町を走る路線です。大原駅から上総中野駅まで14駅あるローカル線です。JR外房線・大原駅もしくはJR内房線・五井駅から、小湊鉄道・上総中野駅まで乗ることができます。いすみ鉄道は、整理券を取って降りる時に運賃を支払う方式ですが、1日乗り放題の「1日フリー乗車券(大人1,000円・小人500円)」が便利です。車両はキハ52、テーブル付きのキハ28、キャラクターがデザインされた「ムーミン列車」があります。土・日・祝日には快速・急行列車の運行がありますので(要急行券・急行指定席券)、停車駅をよく確認してからご乗車ください。

■いすみ鉄道

菜の花の中を黄色い「ムーミン列車」に乗って

ムーミン列車

いすみ鉄道沿線は春に菜の花や桜が咲き誇り、黄色くペイントされた「ムーミン列車」がその中を走る姿がとても人気です。特に菜の花は、ほぼ全線に咲いており、見頃は2月中旬から4月中旬です。桜の見頃は、3月下旬から4月上旬となっています。途中下車して、写真撮影するのも楽しみですね。

駅弁やレストラン列車を予約して特別な旅を

いすみ鉄道では土・日・祝日に限り、駅弁を予約販売しています。予約は木曜日の13:00までです。「昭和幕の内弁当」「いすみの宝石箱弁当」「漁師のまかない飯弁当」「忠勝弁当」など、種類も豊富です。また、グルメ列車「レストラン・キハ」では、「伊勢海老特急・イタリアンコース」や「伊勢海老特急・お刺身列車コース」など、季節に合わせたメニューを楽しむことができます(要予約)。当日受付の「スイーツ&ワイン列車」「和菓子列車」の運行もあります。いすみ鉄道の旅は、グルメごころも満足させてくれますよ。

※情報は記事公開日時点のものになります。