ディズニー映画最新作の舞台、ポリネシアってどんなところ?

2017年3月10日に公開を控えた、ディズニー長編アニメ映画の最新作『モアナと伝説の海』。ディズニー映画では珍しい、ポリネシア系女性が主役の海洋冒険物語です。映画の舞台にもなっているポリネシアって一体どんなところなんでしょう?今回はポリネシアについてご紹介します♪

ポリネシア系女性が主役のディズニー映画!

ポリネシア・女の子
2017年3月10日に公開を控えた、ディズニー長編アニメ映画の最新作『モアナと伝説の海』。ディズニー映画では珍しい、ポリネシア系女性が主役のアニメ映画で、今から公開が待ちきれないですよね!勇気ある少女モアナが、先祖の果たせなかった航海を続けるため、南太平洋へと船を漕ぎ出す海洋冒険物語です。ポリネシアとは、ギリシャ語で“多くの島々”という意味。アニメの舞台となるポリネシアには無数の島々があり、1,000年以上も前から高度に発達した航海術で太平洋各地に拡散し、行き来していました。最大の移住と考えられているタヒチからハワイへの距離は、なんと4,400㎞も離れているんです。

ポリネシアって、地球のどのあたり?

ポリネシア・海
ポリネシアとは、太平洋最北のハワイ、最南のニュージーランド、最東のイースター島(チリ)を結んだ三角形のエリアにある無数の島々を指します。タヒチやサモア、トンガなども含まれています。メラネシアに含まれるフィジーも古くからポリネシアと交流が深く、メラネシアとポリネシア両方の文化の交差点となる地域です。1,000年以上前から、ポリネシアの人々はカヌーで広い海を渡り、居住地を広げてきました。それぞれの島への往来や移住があり、各地域の独自の文化と、一様性の見られる文化があります。
■ポリネシア

ハワイで、ポリネシア文化を体験できます♪

ポリネシアンカルチャーセンター
太平洋の広大な地域に広がるポリネシア。各地域には独自の文化があり、かつ言語や農作物、木彫りなどには類似の文化も見られます。そんなポリネシア5,000年の歴史が再現された場所がハワイにあるんです♪それが、オアフ島内にある「ポリネシアンカルチャーセンター」。東京ドーム約3個分の広大な敷地内に、6つの国や地域の村や展示があり、ポリネシアのダンスや伝統音楽、ゲームなどを体験できるテーマパークです。夜には、出演者総勢100名以上と、ハワイでも最大級のポリネシアショーがあり、大迫力のショーを楽しむことができますよ♪ハワイへ旅行の際は、是非体験してみてくださいね!
■ポリネシアンカルチャーセンター
※情報は記事公開日時点のものになります。