• 17.03.12 更新
  • 539views

トリドリ編集部

1人旅でも大人数でも楽しめる観光スポット!高知へ行ったら「ひろめ市場」へGO!

ひろめ市場
Photo credit: Maarten1979 via Visual hunt / CC BY

坂本龍馬ゆかりの地、高知県。四万十川、桂浜、高知城など観光スポットが目白押し。さらに海の幸をはじめとした美味しい郷土料理も豊富です。そんな高知の、今注目のスポット「ひろめ市場」はご存知ですか?

ひろめ市場とは?

ひろめ市場 内観
Photo credit: ray.k via Visual Hunt / CC BY

「ひろめ市場」とは、いくつものお店が連なる屋台村。フードコートのように好きなお店で料理を注文し、好きな席で食事をします。1人で行って相席になった人たちと交流を楽しんだり、大人数で訪れてワイワイ楽しんだりするのもいいですね♪高知の名物料理から中華料理、カレーや洋食のお店まで、実に40軒もの飲食店が並ぶ他、お土産や衣服などのお店も20軒ほどあり、ここにいるだけでお腹もココロも満たされそうです♡様々なイベントもやっていて、地元の人との交流も深められそうです。ひろめ市場は高知城の追手門から歩いてすぐのところに位置し、高知駅からだと20分ほどかかりますが、歩きで行くことも可能です。車で行く場合は、有料ですが駐車場もあります。

名物は「鰹のタタキ」

明神丸の店員
Photo credit: alberth2 via Visualhunt / CC BY-SA

ひろめ市場を訪れた際には是非とも食べていただきたいのが「鰹のタタキ」。高知県は鰹の漁獲量が全国上位。鰹は高知の郷土料理として親しまれています。脂がまだそんなに乗っていなくてさっぱりした味が特徴の初鰹は、水揚げが3月頃から始まるので、この時期に合わせて旅行するのもオススメです。

鰹のタタキ人気のお店3軒

ひろめ市場にある鰹のタタキ人気店と看板メニューをご紹介!

明神丸の「壷焼鰹たたき」

言わずと知れた名店。注文が入ってから壷焼きするため、出来たて熱々のタタキが味わえます。通常、鰹のタタキというとポン酢が主流ですが、塩でいただくのが高知ならでは。鮮度がいいからこその調理法と美味しさです!

やいろ亭の「塩タタキ」

こちらも塩で楽しむタタキが食べられるお店ですが、とにかくひと切れひと切れが分厚い!!こんなにたっぷり食べることができるのも、地元ならではです。

吉照の「吉照龍カツオの醤油たたき」

居酒屋吉照では醤油味の鰹のたたきが食べられます。醤油をかけて焼いているので、何もかけずにそのまま食べられる、という珍しい一品。この味のファンという人も多く、このほかの鮮魚のお刺身も絶品ですよ♪

■ひろめ市場
住所
高知県高知市帯屋町2丁目3−1
営業時間
8:00~23:00(平日・土曜・祝日)/ 7:00~23:00(日曜日)
定休日
店による
電話番号
088-822-5287
HP
http://www.hirome.co.jp/page/pc/
※情報は記事公開日時点のものになります。