• 2017年3月12日 更新
  • 825views

トリドリ編集部

直虎だけじゃなかった!もうひとりのおんな城主の城が凄いらしい!

大河ドラマの題材にも取り上げられ、盛り上がりを見せている「おんな城主」。実は、戦国を生きたおんな城主は直虎だけではないんです。岐阜県恵那市にある岩村城も、「おんな城主」が治めていた城として有名。一度は行ってみたくなる、岩村城の魅力をご紹介します。

戦国の世を生きた悲運のおんな城主「おつやの方」

@ootani_gyobuがシェアした投稿

岩村城は一時期、織田信長の叔母にあたる「おつやの方」という女性が城主を務めていたお城。おつやの方は岩村城の城主、遠山景任の妻となり、信長の息子の御坊丸を養子にします。この景任の死後、おんな城主として城を守っていたのです。重要な城のひとつであった岩村城はたびたび狙われ、領民も危険にさらされました。最終的におつやの方は、織田家の敵方である武田信玄の家臣、秋山信友と婚姻して城を守る決断をします。御坊丸が武田に人質にとられたこともあり、信長は激怒。信長の策略により、おつやの方は信友とともに逆さはりつけにされ、非業の死を遂げました。領民を守るため、織田を裏切ってでも城を守ったおつやの方の強い姿勢は現在も根強い人気があります。

地元の老舗の酒造では、このおつやの方をモチーフにした日本酒も製造されています。酒蔵見学もできるので、お酒が好きな方は是非訪ねてみてください。

■岩村醸造株式会社
住所
岐阜県恵那市岩村町342
営業時間
9:00~17:00
定休日
年末年始
電話番号
0573-43-2029
酒蔵見学時間
9:30~16:00
見学料
無料
HP
http://torokko.shop-pro.jp/

別名「霧ヶ城」とも呼ばれる日本の名城、岩村城

石垣が美しい岩村城

岩村城は現在の岐阜県恵那市岩村町にあった山城。鎌倉時代中期に建てられ、明治初期に廃城となって取り壊されました。現在は岩村城跡として残っていて、日本100名城のひとつ。さらに、奈良の「高取城」岡山の「備中松山城」とともに、「日本三大山城」のうちのひとつになっています。

Yusuke Mさん(@yskmur)がシェアした投稿

城跡には堅牢な石垣作りが現在も綺麗に残っており、周辺に霧が出やすいことから別名「霧ヶ城」とも呼ばれてきました。霧に包まれた石垣だなんて、まさにラピュタやマチュピチュを思わせるような趣がありますよね!

■岩村城跡

歴史ロマンあふれる岩村城の城下町で有名カステラを堪能

岩村城下町

岩村城のふもとには今も城下町が残り、歴史情緒あふれる街並みが広がっています。思わず写真におさめたくなるような岩村の風景は、歴史好きや散策好きの女子にはたまりません。

@o3k3oがシェアした投稿

今も残る老舗店のひとつ「松浦軒本店」は、江戸時代から続く和菓子のお店。こちらでは、日本で唯一、伝来当時の製法で作り続けているという、“江戸時代のカステラ”を食べることができます。

■松浦軒本店
住所
岐阜県恵那市岩村町本町3-246
営業時間
8:30~19:30
定休日
なし
電話番号
0573-43-2541
HP
http://matsuhon.enat.jp/

“直虎巡礼”も一緒にできる!?

恵那は直虎の故郷井伊谷からも車で約2時間と、ほど近い場所。「直虎巡礼」とあわせて訪れるのもおすすめですよ。

■井伊谷城跡
※情報は記事公開日時点のものになります。