• 2017年3月22日更新
  • Yokito

“進化論の島”「ガラパゴス諸島」をアイランドホッピングで効率よく満喫しちゃおう!

ガラパゴス諸島のイグアナ

南米の「ガラパゴス諸島」。テレビなどで見て、「一度は行ってみたいなぁ」と憧れている人も多いのではないでしょうか。そんなガラパゴス諸島を旅行するのに打ってつけなのが「アイランドホッピング」!お得でより充実した旅になるといま、話題になっているんです♪

ガラパゴス諸島って、どんな場所?

ガラパゴス諸島

南アメリカのエクアドルに属する「ガラパゴス諸島」。大小123もの島々から形成されており、手付かずの美しい自然が残る場所として1978年にはユネスコ世界自然遺産登録されました。

ガラパゴスゾウガメ

島は97%が国立公園に指定されており、ガラパゴスゾウガメ、ウミイグアナ、グンカンドリなど、ガラパゴス諸島固有の動物を見ることができ、太古の地球を感じられる神秘的な場所として、世界中から多くの観光客を集めています。

アイランドホッピングで旅行をもっと素敵に♪

ガラパゴス諸島は前述のように大小様々な島から成るので、自分で観光ルートを計画するのは至難の技です。そこでオススメなのが島と島とをつなぐ短い旅「アイランドホッピング」なんです!

この方法はガラパゴス諸島で最も大きいサンタクルス島やフロレアナ島、イサベラ島のリゾートホテルに滞在しながら、日帰りで周辺の島々を観光するという方法。どこをどのように周るかも自分で決めることができるので、船で過ごす時間が多くなるクルーズツアーに比べ、毎日ホテルでゆっくり休むことができ、お値段も断然お得なんです♪

アイランドホッピングに申し込んでみよう♪

アイランドホッピングツアーは、日程によって訪れる島の数も変わってきます。エクアドルからツアー申し込みのほか、日本発のアイランドホッピングツアーパックも販売されています。

例えば「成田発アイランドホッピングで周る弾丸ガラパゴス諸島ツアー7日間」の例を見てみると、
初日:成田発、経由地を挟んで夜にエクアドルのキトへ到着
2日目:日本語ガイドと共にキト市内観光。
3日目:ガラパゴス諸島のバルトラ島へ移動。ゾウガメを観察し、夜はサンタクルス島に宿泊。
4日目:午前と午後で周辺2島をアイランドホッピング。現地ナチュラリスト(ガイド)と共に、各島を散策(※動物の繁殖期が異なるため、時期によって島を変更。)
5日目:サンタクルス島~エクアドルのキトへ移動
6日目:キトを出発
7日目:経由地を挟んで成田着
となっています。
アイランドホッピングをもっと楽しみたい場合は延泊することも可能で、より多くのスポットを訪れ、ダイビングなどのアクティビティも楽しめます。おおよその費用は渡航費、宿泊費、アイランドホッピングツアー費用込みで、だいたい3,000ドル(34万円)ほど。ガラパゴス諸島に滞在する日数によって金額も変わってくるので、是非ツアー会社のウェブサイトをチェックして下さいね☆

アイランドホッピングツアーの詳細はコチラから!
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito

大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も”人生は旅である”と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。