• 2017年3月24日 更新
  • 235views

トリドリ編集部

新潟にもあった絶景!ドンデン山の夜の雲海がキレイすぎる!

ドンデン山は、新潟県の佐渡島にある山です。丸身を帯びた山の頂が連なっている姿は日本海のしんとした風景の中で、穏やかな様相を見せています。新潟を訪れたら、少し足を伸ばしてドンデン山のある佐渡島にも渡ってみませんか?

トレッキングにもおすすめ!ドンデン山

ドンデン山は新潟から船で渡ることのできる佐渡島にあります。2004年には、新日本百名山に認定された、佐渡島のシンボルとして愛されている山です。正式な名称はドンデン山ではなく、タダラ峰になります。峰という名前からも想像できるように、1000m弱の山が3つ連なった高原の一帯を、「ドンデン山」と呼んでいるのです。ドンデンとは、山の頂が丸いという意味の「鈍嶺(どんでん)」からきていて、佐渡の険しい山々とは一線を画すように、ドンデン山の辺りは緩やかな稜線を描いています。春から初夏の日中は、緑の美しいトレッキングにすすめのドンデン山は、高山植物や、山野草の宝庫です。カメラやスケッチブックを片手に、のんびりとトレッキングを楽しむことができます。

幻想的な風景が眼下に!光と雲海のコラボレーション♪

夜の雲海

ドンデン山は、雲海を見ることができることでも有名です。雲海というと、早朝に見られるというイメージが強いですが、ドンデン山では夜に雲海を見ることができます。雲海の下にカラフルに煌めく光の正体は、佐渡の街の光。虹色に照らされる雲海を眺めていると、現実世界とは遠く切り離されたところいるような、どこか非現実的な世界にうっとりします。雲海をきれいに見るためには運もありますが、いくつかの条件がそろっていることも必要です。 まず必須条件は山間部や盆地であること。季節は春や秋、時間帯は夜明け前から早朝、そして高湿度、放射冷却、無風、快晴、温度差…など、条件が重なるほど、雲海に出会えるチャンスも増えていきます。

雲海だけじゃない!夜景や星空もキレイ♪

ドンデン山から見ることのできる風景は、雲海に加えて夜景や星空も美しいです。煌めく雲海、街のカラフルな灯り、漆黒の日本海、果てしなく広がる星空!全てが一体となり、まるで絵画のような景色になります。運が良ければ天の川が見えることもあり、ドンデン山で自然の織りなす壮大な美しさに包まれるでしょう。もし雲海に出会えなかったとしても、美しい佐渡の夜景や澄んだ星空を肌で感じ、楽しむことができます。

ドンデン山へはどうやって行けばいいの?

Wataruさん(@kura363)がシェアした投稿

新潟港から、佐渡島の両津港までは高速船で約65分、カーフェリーで約2時間30分です。早い高速船もいいですが、エンジンの音が凄いのでのんびりとカーフェリーで行くのがおすすめです♪両津港からは、車でおよそ40分のドライブを楽しめばドンデン山に到着します。カーフェリーなので、本州からマイカーを乗せられますが、料金も高めなのでレンタカーがオススメ。ドンデン山で、素敵な非日常を味わって下さいね。

■ドンデン山
住所
新潟県佐渡市梅津
HP
https://www.visitsado.com/
※情報は記事公開日時点のものになります。