• 17.04.02 更新
  • 1,101views

トリドリ編集部

首都圏最大級!約80万株の芝桜が一面をピンク色に染める!

山梨県の富士本栖湖リゾートで毎年開催される、富士芝桜まつり。首都圏最大級の約80万株の芝桜と、富士山が織りなす景色は圧巻です!色とりどりの芝桜はもちろん、桜やレンギョウなど、季節の花も楽しめますよ♪イベントも盛りだくさんです!

10周年を迎える、今年の富士芝桜まつりがすごい!

富士芝桜まつり

2017年で10周年を迎える、「富士芝桜まつり」。富士本栖湖リゾートにて、4月15日(土)~5月28日(日)の44日間にわたり開催される、花の祭典です。会場へのアクセスは、公共交通機関をおすすめします。JRやバスで新富士駅・富士宮駅・河口湖駅まで行ったら、便利なのが「芝桜ライナー」!富士芝桜まつり会場まで直行で連れて行ってくれます。運行日時は発着駅によって違うので、事前に確認してくださいね!また、昨年は予約制のバスツアーや宿泊プランも実施されていたので、今年も要チェックです♪

色鮮やかな芝桜たち!展望台から見る光景は絶景です

芝桜
Photo credit: wellflat1985 via Visual Hunt / CC BY

ハナシノブ科の多年草植物で、別名ハナツメクサとも呼ばれている芝桜。富士芝桜まつりでは、7種類もの色鮮やかな芝桜が咲き乱れます。濃いピンクの「マックダニエル・クッション」、白の芝桜を代表する「モンブラン」、ピンクの芝桜と呼ばれる「オータム・ローズ」、花弁の周りを白く縁取ったまだら模様の「多摩の流れ」、柔らかい紫の「オーキントン・ブルーアイ」など7種類の芝桜が、じゅうたんのように一面を埋めつくすのです。この会場内の芝桜を地上から一望できる「展望広場」で、素敵な写真を撮ってくださいね♪

ご当地グルメを堪能して、足湯でリラックス♪

富士芝桜まつりの期間中、会場内では「富士山うまいものフェスタ」が開催されています!ブランド豚「幻豚」の豚肉を使った人気メニュー「甲州富士桜ポークの豚汁」や、桜でんぶと桜の塩漬けが入った限定グルメ「オリジナル芝桜コロッケ」など、ここでしか味わえないご当地グルメがたくさん♪定番の「富士宮焼きそば」や、「甲州とりもつ煮」をはじめ、ラーメンやソフトクリームなども楽しめます。また、芝桜を眺めながらの「展望足湯」も毎年好評のイベントです。100円で気軽に利用できて、身も心もポカポカになりましょう♪

■富士本栖湖リゾート
住所
〒401-0337 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
営業時間
8:00~17:00
電話番号
0555-89-3031
HP
http://www.shibazakura.jp/
※情報は記事公開日時点のものになります。