• 2017年4月2日 更新
  • 201views

トリドリ編集部

急なディナーデートでも慌てない!基本のテーブルマナーをおさらいしよう♪

知ってるようで意外と知らないテーブルマナー。一度は耳にしたことがあるはずなのに、忘れてしまっているなんてこと、よくありますよね。いざという時に恥をかかないよう、基本のテーブルマナーをおさらいしておきましょう!

恥をかくのは嫌!どんな時でも慌てないためのテーブルマナー

レストラン

楽しい旅行先や、デート中など、食事の時間はとっても大切です。普段何気なく食事をしているけど、テーブルマナーについて注意深く意識したことはありますか?素敵なレストランはもちろん、海外旅行先などでは、普段と違うマナーが必要な場合も。いざという時に慌てないためにも、基本のテーブルマナーを事前におさらいしておけば、恥をかかずに済みますよ。急なディナーデートのお誘いや、海外旅行でも必ず役に立つはずです!これであなたもさらに女子力アップ間違いなしですよ。基本のテーブルマナーをマスターしちゃいましょう。

これさえ覚えておけばOK?基本のテーブルマナー

食器

まずは座り方。椅子の左側から座るのが基本的なマナーです。右側は、目上の人が座る位置なので、座る時はもちろん、席を離れるきも左側から立ちましょう。席に着いた、お次はナプキン。四角いナプキンを半分にたたんだら、折り目を自分側に向けて膝にかけるのがお約束ですよ。目上の人がナプキンをかけた後に、自分がナプキンをかけることにも気を付けましょう。ナプキンは口元と指先を拭く専用のような存在です。間違っても、テーブルの上や食器類には使わないのがマナー。ナイフやフォークなど、たくさん並んでいるカトラリーは、どれから使おうか悩みますよね。カトラリーは、外側にあいてある物から順番に使っていけばいいだけ!これが基本なテーブルマナーなので、参考にしてくださいね。

海外のレストランでも恥をかかずに楽しく過ごしたい!

海外のレストラン

国によってもマナーはそれぞれ。その国のマナーに違反しないように過ごしたいものですよね。海外では、音を立てないように食事をするのが基本です。コーヒーカップは片手で持つことが基本だったり、スープはスプーンの横側から飲んだりと、本当に様々。スープをすくう方向が、国によって違う場合もあります。周りの人を見て参考にするのも、わかりやすいですね。せっかくの海外旅行で恥ずかしい思いをしないように、ガイドブックなどをチェックしておくのもおすすめ。事前にイメージトレーニングなどをしておくのもいいでしょう。食事のマナーをマスターして、海外旅行やデートなど、素敵な食事タイムを過ごしてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。