大自然に癒やされたい!「利尻島・礼文島」観光したら悩みなんてどうでもよくなる♡

北海道の北部に存在する小さな島、利尻島と礼文島へ行ったことがありますか?現代的な雰囲気を感じさせない、ありのまま存在する自然が、訪れる人を迎えてくれる場所です。少し疲れてしまった心もそっと癒やしてくれる、利尻島と礼文島についてご紹介しましょう。

自然と心が落ち着く!利尻島へ行ってみよう

利尻島の大自然

利尻島は、日本最北の地といわれる稚内の西に位置する、丸い形をした島です。島を見下ろすことのできる利尻山を中心に、ありのままの自然が海に向かって広がっています。利尻富士と呼ばれる利尻山に登れば、お花畑や大自然が作る絶景が見られますよ。湿性の植物や高山植物がたくさん咲く姿を見ることを目的にして、毎年観光客が多くやってきています。この島にしかない固有種も多いため、訪れる価値は十分といえるでしょう。島内一周も難しくはなく、海の幸は新鮮。利尻登山も困難なレベルではないので、気軽に訪れられます。観光スポットとしておすすめですよ。

■利尻島

ほかでは見られない高山植物が魅力!礼文島に行ってみよう

礼文島の大自然

礼文島は、日本で最も北にある島ならではの大自然が魅力です。300種をこえる多彩な高山植物が生息しており、「花の浮島」と呼ばれています。たくさんの花たちを満喫しながら、散策を楽しむ人々も多いです。この島に訪れたときには、レブンアツモリソウやレブンキンバイソウなどの、礼文島固有種をチェックすることも忘れずに。あなたもありのままの自然を目の前にしたら、きっと心が浄化されていくはずです。夏には風光明媚な景色を体いっぱいに感じられるスポットになるため、今後も多くの観光客が礼文島を訪れることでしょう。

■礼文島

利尻島と礼文島へのアクセス方法をチェックしよう

フェリー

利尻島も礼文島も海に囲まれている立地のため、訪れるには稚内港発の定期フェリーを利用する方法が、ポピュラーとなっています。所要時間は、稚内港~利尻島(鴛泊港)が約1時間40分、稚内港~礼文島(香深港)が約1時間55分です。利尻島北部に位置する利尻空港へは、札幌・千歳空港から空の便が出ており、所要時間は約50分となっています。利尻島と礼文島間も、フェリーを使えば約40分で移動できますよ。観光する際は、利尻島と礼文島をまとめて旅してみてもいいでしょう。

ハートランドフェリー公式HPはこちら
※情報は記事公開日時点のものになります。