• 17.04.07 更新
  • 95views

Yokito

一生に一度は浮かぶべき!? 世界の不思議、「死海」へ行ってみよう♪

絶対に体が沈まない湖として知られるヨルダンの「死海」。そんな死海に「浮かんでみたい!」と思ったことはありませんか?今回は不思議で魅力的な「死海」について詳しくご紹介していきます♪

死海って、どんなところなの?

死海に浮かぶ女性たち

まず死海というのは、イスラエルとヨルダンをまたぐ全長100キロメートル近くある巨大な湖のこと。実は海ではないんですっ☆観光地としての人気が高い死海周辺には数々のリゾートがあり、毎年何万人もの観光客が訪れています。

死海で取れた塩
Photo credit: Yair Aronshtam via VisualHunt / CC BY-SA

行くなら今。数年後には無くなる可能性も…!?

死海のビーチサイド
Photo credit: Tracy Hunter via Visual Hunt / CC BY

実はこの地域一帯はあまり雨が降らないため、数年後には死海自体がなくなってしまう可能性も…。つまり早めに訪れておくべき、貴重なスポットなんです。

ヨルダンは、穏やかな気候で観光が楽しめる春~秋がベストシーズン☆ただし夏は気温が非常に高くなるため、日焼け対策&水分補給が必要です。ヨルダンの気温は東京とほぼ変わらないため、特に服装に関しての心配はご無用!ヨルダン観光の際はなるべく寒くない時期を目指して、必ず水着を持参しておきましょう♪

死海を100%楽しむ方法は?

体が決して沈まないことで知られる死海では、塩分濃度30%の浮力を利用した浮遊体験の他、ミネラルが豊富な泥を使った全身パックなども体験可能☆付近のお土産屋さんでは死海の泥を使ったスキンケアグッズが豊富なので、友達へのプレゼントにもオススメです♪

また死海近郊で人気のリゾートホテル「モーベンピック・デッド・シー」では、死海の水を利用した温泉スパやエステなどを楽しむことができちゃいます♪部屋からは死海が見渡せる好立地で、オシャレな外観も人気の理由。広い敷地内にはリラックスできる中庭やバーなどがあり、死海観光を考えている方にはイチ押しのホテルです!

ヨルダンの首都アンマンから死海へ行くには公共交通機関の利用が必要になるため、現地でのツアーに参加するかタクシーを利用するのがオススメ。中東の中でもヨルダンは比較的治安が良く、旅行客にも親切に対応してくれます♪ 死海にプカプカと浮いて日頃の疲れを癒しちゃいましょう!

※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。