• 17.04.07 更新
  • 105views

トリドリ編集部

明治神宮でお花見しながら「幸せのハート」探しはいかが?

都内のお花見スポットはどこに行こうか迷っているあなた、明治神宮はいかがでしょう?神宮外苑の散歩と明治神宮での参拝とお花見…実は明治神宮には隠れハートがあるんです。花見ついでに探しに行きませんか?

神宮内にあふれる“幸せのハート”とは?

@hyuaiaがシェアした投稿

東京都渋谷区内にある明治神宮は、明治天皇と昭憲皇太后が祀られている神社です。年間を通して参拝客の多い神社ですが、特に初詣期間中は日本で一番参拝者が多く訪れます。清正井(きよまさのいど)がパワースポットとして紹介されたことでも有名です。昨今では、縁結びを願う人々も多く訪れていることをご存知ですか?その理由は、「ハート」。神宮内には様々な場所にハートが隠れていて、そのハートを探すのも参拝客の一つの楽しみになっています。例えば、三の鳥居をくぐった先の南神門の留め金には、ハートの形が整然と並んでいます。ハートを見つけたら、恋愛運アップにも期待ができそうですね。

恋愛成就の守り木!?「夫婦楠(めおとくす)」

夫婦楠

参拝客がまず訪れる拝殿の近くには、二つのご神木があります。その左側のご神木に注目してください。二本のご神木がしめ縄によって二つに結ばれています。このご神木は、夫婦楠(めおとくす)と呼ばれており、明治神宮の中のパワースポットの一つ。夫婦楠から拝殿へつながる参道には良縁の力が流れているといわれ、縁結びの強い味方になってくれるのです。なぜこの夫婦楠が良縁の象徴なのかというと、明治神宮に祀られている明治天皇夫妻がとても仲が良かったからといわれています。縁結びを願う人は、拝殿をお参りした後に夫婦楠への参拝も忘れないようにしてくださいね。

絶対に持っていたい、ピンク×ハートの縁結びお守り

おみくじを結んで祈る女性

明治神宮に参拝した際のご利益は様々で、お守りも色々あります。その中で、良縁を望む人に必ず持ってほしいのが、「縁結びお守り」です。お守りはピンク色のハート型をしており、女子の心をくすぐります。持っているだけで運気がアップしそうな予感です。1歩足を踏み入れると、都会にいることを忘れてしまいそうな、静寂に包まれた明治神宮。明治神宮外苑は歩道に約400本の桜が植えられており、イチョウ並木と同じく名所となっています。この春は、神宮外苑でお花見をした後、明治神宮でハートを探しながらお散歩をして、縁結び祈願をしてみてはいかがでしょう?

■明治神宮
住所
東京都渋谷区代々木神園町1-1
開門時間
月により異なります。(日の出から日の入りまで)
休日
なし
電話番号
03-3379-5511(社務所)
HP
http://meijijingu.or.jp/index.html
※情報は記事公開日時点のものになります。