本当に!ストレスフリーで空港の手続きを済ますこんな小技があるんだって!

旅行で空港を利用するとき、乗り継ぎの空港で自分の荷物がなかなか出てこなかったり、搭乗手続きに時間がかかったりしてイライラすることはありませんか?そこで、ちょっとした小技を使って、ストレスフリーで空港を過ごす方法をアドバイスします!

口頭で伝えるだけ!早く荷物を受け取る小技

Masaruさん(@musscle17)がシェアした投稿

乗り継ぎがある場合など、自分の荷物が流れてこないと焦りますよね。そんなときは、搭乗手続きの際に係員に急いでいることを伝えて、荷物に「Priority」シールを貼ってもらいましょう。「乗り継ぎがすぐあるので荷物を早めに出していただけませんか?」など事情を説明すると、たいていの場合は「Priority」シール(航空会社によって名称は様々です)がもらえます。このシールがある荷物は荷物室の最後のほうに入れるので、早めにターンテーブルに出してもらえるんです!口頭で伝えるだけだから手軽にできますよ。

さっさと搭乗したいときにはこんな小技を!

保安検査場や搭乗ゲートでさっさと搭乗できる小技があったらいいですよね。保安検査場では、出張風のサラリーマンやバックパッカーぽい人といった、なるべく旅行慣れしてそうな人の後ろに並ぶのがポイント。自分の荷物も、化粧品や電化製品ごとにポーチに分けてすっきりさせ、出し入れもスムーズにしてさっさと通り抜けましょう。一度金属探知機が鳴っちゃうと、係員はしつこくなり余計に時間がかかりますのでご注意を!
搭乗ゲートでは、思い切ってみんなが乗るのを待ちましょう。早く並んだところで機内の通路は狭いので込み込みです。後から行ったほうがすんなり入れますよ。

帰国後最後の行列にうんざり!関税審査に使える小技

帰国後の関税審査で、最後の行列に疲れもピークに達しますよね。長い行列ができるのは税関の「非課税」列。ここで、あえて課税の列に並んでみては?課税額の高くないものをちょい足しして課税対象になれば、思いの外スムーズにいきます。
例えば、思い出や自分へのご褒美でお酒を買うならもう1本追加しちゃおう!720mlの瓶が3本を超えると課税となり、お酒の種類によって異なる税率が設けられてますがワインが割安で、1リットルあたり200円です。
タバコの場合、喫煙者にお土産としておねだりされたら一箱余計に買っておくといいかも。日本タバコ1カートン、外国タバコ1カートンを超えると超過分1本あたり11.5円なので、1箱余計に買っても課税額は230円ですよ。

ストレスフリーな女の子

デリケートな手続きが多いので、どうしても時間のかかる空港でのあれこれ。ほんのちょっとの工夫で、スムーズになる小技を使って快適な旅行をenjoyしてくださいね♪

※情報は記事公開日時点のものになります。