トリドリ編集部

憧れの氷河特急に乗ってスイスの大パノラマを楽しんじゃおう!

スイスの魅力と言えば、大自然!特に三大名峰であるマッターホルン、モンブラン、ユングフラウは圧巻です。登るのは無理でも、一生に一度は見てみたいと思う人も多いのでは?今回は、スイス三大名峰も見ることができるスイスの絶景列車、氷河特急をご紹介します♪

氷河特急とは?

氷河特急

スイスは世界有数の鉄道王国。車窓からスイスの素晴らしい景色を眺めることができる列車が多く運行しています。中でも人気の高い氷河特急とは、ツェルマットとサンモリッツとを直通で結ぶ絶景列車。アルプスの真っ只中を走り、壮大な山岳風景が車窓を飾ります。「グレッシャー(氷河)・エクスプレス」として親しまれるこの列車は、全長約270km間を約8時間の時間をかけて運行。平均時速35㎞の「世界一遅い列車」としても有名なんです。91のトンネル、2つの峠、291の橋を渡り、最高標高は2,033mに達します。2008年には、ルートの一部であるアルブラ線が世界遺産に登録されました。

氷河特急の見どころ

ライン峡谷

8時間のゆったりとした列車の旅、見どころは、ランドヴァッサー橋、ライン峡谷、オーバーアルプ峠の3つです♪ルート中にある291の橋の中でも特に有名なランドヴァッサー橋は、ランドヴァッサー川の65mも上に架かる石造りの橋。カメラを片手に橋を渡るのを待ちたいですね。ライン峡谷は、スイスのグランドキャニオンと呼ばれる峡谷。イランツ駅とライヒェナウ駅の約30分間、不思議な景観を通り抜けることができますよ。オーバーアルプ峠は、氷河特急のルート内で最高標高の2,033mの地点にあるオーバーアルプス駅周辺の峠です。標高2,000mを超えるこのエリアは夏でも残雪が見られることも。線路近くのオーバーアルプ湖も見応えがあります。

車内サービスも楽しい!氷河特急グッズも!

氷河特急は全ての列車が天井まで窓枠がとられたパノラマ車両で運行され、スイスの絶景を余すところなく楽しむことができます。日本語を含む6か国語で用意されたテープ案内をイヤホンで聴け、要所要所での見落としがありませんよ。広い机がついている座席まで温かいランチを運んできてくれたり、食堂車での食事がとれたり、ワゴンサービスでドリンクやお土産を購入できたりと車内サービスも充実。お土産で人気なのは、車内で使われている傾いたワイングラスです。勾配で列車が傾いても飲み物がこぼれないように設計された傾いたグラス、記念に一つは欲しいですね♪

※情報は記事公開日時点のものになります。