モロッコ旅行ではホテルじゃなくて、邸宅風ホテル「リヤド」に泊まろう♪

モロッコを旅する際に、ぜひ宿泊して欲しいのが「リヤド」。一歩足を踏みいれると「夢のような世界が広がる!」と、モロッコ独特の宿泊施設として、今注目を集めています。

モロッコ独特の宿泊施設、リヤドっていったい何?

リヤド

リヤドとはアラビア語で“木の生えた庭”を意味します。それがモロッコでは“庭を囲うようにして暮らす伝統的な中庭式の住居”を意味するようになりました。つまり、中庭がある家=リヤド、と呼んでいたのです。近年、このリヤドはゲストハウスとして再利用する傾向が高まっています。リヤドはモロッコの旧市街、“メディナ”にのみ、特にマラケシュやフェズのメディナに多く点在しています。美しい中庭を眺めながら、モロッコスタイルの美しいインテリアに囲まれて、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

伝統と現代的な美しさの調和を楽しむリヤド・アソウエル

ジャマエルフナ広場より徒歩10分のところにあるメディナの中心部にある17世紀に立てられたリヤド、「リヤド・アソウエル(Riad Assouel)」。ハマムや温水プールも完備されておりテントの下に座席が設置してある屋根付きテラスが人気です。8部屋ある客室は、部屋ごとに異なったデザインが楽しめ、モロッコの伝統美と現代的なスタイルがミックスされた美しいインテリアは訪れる人に感動を与えてくれます。毎朝テラスまたはパティオでコンティネンタルブレックファーストをゆっくりと味わえるのも魅力です。

■Riad Assouel
住所
51 derb Lalla Bent Lamri, Medina, 40000 Marrakech, Marruecos
HP
http://www.booking.com/hotel/ma/riad-assouel.ja.html

おしゃれなフレンチモロッコ風が人気、リヤド・ブッサ

マラケシュの中心地であるジャマ・エル・フナ広場より徒歩5分のところにあるリヤド、「リヤド・ブッサ(Riad Boussa)」。こんなところに宿があるの?と不安になるような路地の一角に佇むこちらのリヤドは扉をあけると色鮮やかなモロッコの伝統美と、フランスのシックな要素をミックスさせた素敵な空間が広がります。フランス人オーナーのホスピタリティも素晴らしく、居心地は抜群。宿泊予約の際に申し込むと、モロッコ料理のディナーを楽しむこともできます。女性一人でも安心して宿泊できるリヤドです。

■Riad Boussa
住所
192 Derb Jdid Dabachi, Medina, 40400, Marrakech, Marruecos
HP
http://www.booking.com/hotel/ma/riad-boussa.ja.html
※情報は記事公開日時点のものになります。