トリドリ編集部

美食の国・ベルギーでこれを食べずには帰れない!食べ歩きもできる定番グルメ3選

ヨーロッパの中でも、“美食の国”として有名なのがベルギー。カカオの香りがたまらないチョコレートはもちろん、ワッフルやベルギー国民の定番フライドポテトのフリッツなど、おいしいグルメが盛りだくさん!今回はそんなベルギーで、“食べ歩きできる定番グルメ”をご紹介します。

ベルギーと言えばワッフルでしょ!種類の違いもあるんです

リエージュ型のワッフル

日本でも有名なベルギーグルメと言えば、ワッフルですよね。このワッフル、実は「リエージュ風」と「ブリュッセル風」という2種類があることを存知ですか?リエージュ風のワッフルは、楕円形のワッフルで、砂糖のザクザクの食感がクセになる、歯ごたえのある生地が特徴です。日本でいわゆる「ベルギーワッフル」とされているのはこちらのリエージュ風のこと。

ブリュッセル型のワッフル

一方、ブリュッセル風のワッフルは長方形で、サクサクの軽い食感が特徴。甘さ控えめの生地にトッピングをして食べるのが一般的です。アイスやチョコレートソースなど、好みのトッピングを見つけてみて。

土産にもぴったり!高級チョコレートの本店へゴー

豊富なチョコレート

ベルギーのもう一つの有名グルメと言えば、チョコレートですよね。 スイーツ好きの方ならピンとくるでしょう、美味しいチョコレートの中に詰められたナッツなどをカラメル化した「プラリネ」はベルギー発祥。昔からチョコレートを愛するベルギーでは、優秀なショコラティエが切磋琢磨してチョコレート文化を育みました。カカオ成分の配合率が国際規格で厳しく定められている、製菓用チョコレートの「クーベルチュールチョコレート」も、ベルギー産のものが数多く有り、高級品とされています。上質なものを、優秀なショコラティエが扱う。これがベルギーチョコレートのおいしさの秘密でしょう。香り高い高級チョコレートが、ベルギーの街にはたくさんそろっていますよ。

チョコレートの王様的存在の「ゴディバ」

SADDAMさん(@saddam_ig)がシェアした投稿

■ゴディバ
住所
Les Galeries Royales Saint-Hubert, Grand Place 21, 1000 Bruxelles
営業時間
11:00~22:00
定休日
無し
電話番号
+32 2 511 25 37
HP
http://www.godivachocolates.eu/en/chocolate-online.htm

ベルギー国民人気の厚い「レオニダス」

■レオニダス
住所
Rue au Beurre 34, 1000 Bruxelles
営業時間
11:00~23:00
定休日
無し
電話番号
+32 2 218 03 63
HP
http://www.leonidas.com/en/

日本では現在買えない名店「ノイハウス」

@lucky7swsがシェアした投稿

■ノイハウス
住所
Anspach Shopping Brussels, Koninginnegalerij 25-27, 1000 Brussel
営業時間
10:00~19:00(金曜日のみ19:30まで営業)
定休日
水曜日
電話番号
+32 2 512 63 59
HP
https://www.neuhauschocolate.com/index-en.htm

といった、日本でも有名な高級チョコレートブランドの本店がベルギーにはたくさんあります。せっかくベルギーに行ったなら、チョコレートを食べるのはマスト!お土産にもぴったりです。

Andreaさん(@peigirll)がシェアした投稿

もちろんテイクアウト用のアイスやチョコレートドリンクなどもありますよ。

これが本場のフライドポテト!ソースで楽しむ「フリッツ」

日本でもおなじみのフライドポテト。実は、本場はベルギーなんです。ベルギーでは、「フリッツ」という呼び名で親しまれています。ジャガイモを一度オーブンで焼き上げてから揚げているので、サクサクでホクホクの食感が楽しめるのが魅力。出来上がったフリッツに、ソースをかけていただくのがベルギー流です。とにかくソースの種類が豊富で、お店毎にこだわった自慢のソースが楽しめます。特におすすめなのが日本人なら食べておきたい「サムライソース」です。マヨネーズをベースにしたソースで、ケチャップとチリペーストが入っており、ピリッと刺激的な味が特徴です。一口食べればやめられなくなるおいしさのフリッツを、ぜひベルギーで堪能してくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。