トリドリ編集部

ブルーナを偲んで…ミッフィーの故郷ユトレヒトを旅する

2017年2月16日、ミッフィーの作者ディック・ブルーナ(Dick Bruna)氏逝去の悲報にショックを受けた方も少なくないでしょう。日本でもミッフィーは世代を超え親しまれるキャラクターです。今回は、ディック・ブルーナを偲んで、ミッフィーの故郷、オランダのユトレヒトをご紹介します。

ミッフィーの生みの親ディック・ブルーナ

オランダのグラフィック・デザイナーであり、絵本作家のディック・ブルーナ(Dick Bruna)は、ユトレヒトに生を受けました。画家を目指して高校を退学し、アーティストとしての自分の方向性を探りながら、26歳にはブルーナ社専属デザイナーとして働くようになります。年間100冊~150冊もの書籍の装丁を手掛けながら、1953年には初めての絵本「de appel」を刊行。その後、「ミッフィー」シリーズを代表とする120作以上の絵本を世に生み出しました。日本でも、1964年に『ちいさなうさこちゃん』が刊行されてからずっと世代を超えて愛されてきたのです。

ミッフィーの故郷、オランダのユトレヒトとは?

絵本で慣れ親しんだミッフィーの故郷、オランダのユトレヒトは、オランダの首都アムステルダムから南へ30キロ程の場所に位置します。アムステルダムからは電車でも車でも約30分で到着。オランダ全土からの日帰りが可能です。ミッフィー博物館(nijntjemuseum)があるだけでなく、ミッフィーの銅像に出逢えたり、ごみ箱にもブルーナのイラストが描かれた可愛い町なんです♪デ・バイエルンコフ(de Bijenkorf)百貨店の前には、世界に一つだけのミッフィーの信号機も!歩道もレインボーカラーで見るだけでウキウキしますよ。ブルーナ御用達のお菓子屋さん、テオ・ブロム(Theo Blom)では、限定のミッフィークッキーもあります♪

■ミッフィー博物館
住所
Agnietenstraat 2 3512XB ユトレヒト
営業時間
火~日曜 10:00 – 17:00 イースターと聖霊降臨節の月曜日は営業
定休日
月曜日/1月1日/4月27日/12月24・25日
電話番号
+31 30 236 2399
HP
http://nijntjemuseum.nl/

他にもあるユトレヒトの魅力

ユトレヒト

その他にもユトレヒトには、美しい運河、水辺にカフェやテラスを収容するすばらしい波止場の地下室があります。 17世紀まで北オランダで最重要都市だったユトレヒトには、中世の建造物が多く残り、古都の雰囲を味わえます。内陸の運河にかかる遊歩道は、ユトレヒトの特徴の一つ。運河を挟んで、左右にお店が立ち並びます。ユトレヒトのシンボル、ドムトールン(ドム塔)は、1381年に建設された112mの塔。この塔よりも低い高さの建造物しか建てないのがオランダ国民のルールだそう。
穏やかな空気が流れるユトレヒトにぜひ足を運んでみてくださいね♪

※情報は記事公開日時点のものになります。