• 17.04.22 更新
  • 63views

トリドリ編集部

アルザス地方で叶うワンランク上の女子旅

フランス北部に位置し、ドイツとのかかわりも深い「アルザス地方」。ここは、美味しい白ワインの産地としても有名で、ほかにも美しいヨーロッパの村に選ばれた村が点在するなど、魅力たっぷりのエリアです。アルザス地方で、ワンランク上の感動の女子旅をしてみませんか。

ワインの産地としても有名!アルザスってどこ?

アルザス地方のぶどう畑

アルザス地方は、フランス北部に位置し、フランスのなかでは一番面積が小さいですが、魅力がぎゅっと詰まったエリアです!ドイツの国境沿いにありスイスとも近いので、歴史的にも深いかかわりがあります。とくにドイツの影響が大きく、独特な美しい街並みからもドイツの文化が感じられるなど、豊かな郷土色が魅力。また、ロレーヌ岩塩で有名なロレーヌにも隣接し、雄大な自然に囲まれているのも特長です。アルザス地方は、ベルギーに続くワインの産地としても有名!アルザスワイン街道と呼ばれる、ブドウ畑と美しい村が続くルートがあります。

■アルザス地方

街並みがかわいすぎる!ワイン街道の首都「コルマール」

コルマールは、ワイン街道のほぼ中間に位置することから、アルザスワイン街道の首都と呼ばれる街。第二次世界大戦中、奇跡的に戦渦からまぬがれたため、かわいらしい木組みの伝統的な家屋やゴシック様式の建築物など、趣のある旧市街が残っているのも見どころです。また、プチヴェニスと呼ばれる、運河にパステル調の家並みが映るかわいい街並みの地区があります。ここで散歩をしていると、まるでメルヘンの世界に入りこんだような気分に!絵葉書のようなかわいい街なので、写真を撮るにもおすすめの場所です。

■コルマール

見どころ満載!アルザス地方の文化都市「ストラスブール」

ストラスブール大聖堂

フランスの東端にあるストラスブールは、長い歴史のなかで、アルザス地方の文化都市として独自の文化を生み出してきた街。グーテンベルグが、印刷機を発明した地としても有名です。ストラスブールのおすすめスポットは、世界遺産にも登録されたストラスブール旧市街「グランド・イル」。中世期の建造物が残る街で、なかでも巨大な「ストラスブール大聖堂」は、その迫力に圧倒されます!運河沿いに木組みの家が建ち並ぶかわいい街並みのプチ・フランスと呼ばれるエリアで、散策やカフェタイムを楽しむのもおすすめです。

■ストラスブール
※情報は記事公開日時点のものになります。