• 17.04.23 更新
  • 1,462views

トリドリ編集部

前から気になっていたから今年こそは行ってみよう♪レトロでオシャレな愛媛 松山「道後温泉」

愛媛県にある道後温泉は、日本で最古と言われる歴史ある温泉。
宮崎駿監督の大人気作品「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルになったことでも話題を集めました。
温泉はもちろん街歩きや宿、グルメもたっぷり楽しめる道後温泉は、大人の女子旅にも大人気!

気になっていたけど行ったことがないというあなたも、今年はぜひ足をのばしてみませんか?

旅行する価値たっぷりあります!今年の旅は道後温泉!

道後温泉本館

温泉文化が根強い日本において、日本最古と名高い愛媛県の道後温泉。
道後温泉を訪れた人がほぼ足を運ぶのが、国の重要文化財としても有名な道後温泉本館です。

道後温泉のシンボルとして町の中心に位置し、いまだに地元の人から観光客まで多くの人に愛されながら現役を貫き、外国人旅行者が愛用する「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」では最高の三ツ星を獲得しました。
道後温泉本館には浴室が2つあり、スタイルに合わせて楽しめる入浴コースが4つ用意されています。
2つの浴室入浴に個室での休憩がセットになった「霊の湯 三階個室」は、時間をかけて楽しみたい人におすすめ。
2つの浴室入浴と広間での休憩ができる「霊の湯 二階席」は、温泉好きの友達とワイワイ楽しめますよ。

神の湯だけの入浴でいい人は、80人も入れる大広間での休憩がセットになった「神の湯 二階席」か、入浴のみの「神の湯 階下」から選択可能です。
歴史を刻む道後温泉に友達や恋人、家族みんなで旅してみてはいかがでしょうか。

道後温泉本館は、松山空港から空港リムジンバスで40分、JR松山駅からは、市内電車の道後温泉行きですと25分程度でアクセスできます。

■道後温泉本館
住所
愛媛県松山市道後湯之町5番6号
営業時間
6:00~23:00
定休日
なし(12月に1日臨時休業あり)
電話番号
089-921-5141
HP
https://dogo.jp/onsen/honkan(道後温泉事務所HP)

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」から始まる新しい温泉文化

かけ流し温泉のイメージ写真

2017年9月には道後温泉別館として、飛鳥時代の建築様式をコンセプトにした新しい湯屋「飛鳥乃湯」がオープンする予定です。
太古の時代にタイムスリップしたような空間で、源泉かけ流しの「美人の湯」を楽しむことができます。
道後温泉でも取り入れられている、加水と加温なしの源泉かけ流しは全国でも珍しいのです。

別館には本館にはない露天風呂を設け、昔の人々が入浴する際に着用した「湯帳」を着用した入浴体験サービスも行われる予定。
休憩室として60畳の大広間と5つの個室も用意され、個室ではそれぞれテーマのある芸術作品が鑑賞できることになっています。
別館「飛鳥乃湯」は道後温泉本館と一緒に、日本人の癒やしの文化である温泉を豊かにし、さらには新しい風も吹かせてくれるはずです。

■道後温泉別館「飛鳥乃湯」
住所
愛媛県松山市道後湯之町19番22号
HP
https://dogo.jp/onsen/asuka(道後温泉事務所HP)

お肌はきれいに、心は大満足に。道後温泉と松山観光のおすすめプラン

松山城

道後温泉まで足をのばすなら、見どころたくさんの松山観光も楽しめるプランがおすすめ!

松山市内に入ったら、まずは「松山城」に向かいましょう。
道後平野中心にある松山城は、天守の最上階まであがると、360度広がる松山市内の景色を楽しむことができます。
春には桜も咲き誇り、「行ってよかった!日本の城ランキング2014」の第2位に選ばれるほど、観光客に満足されているお城なのです。
松山城のふもとにあるモダンな雰囲気のロープウェイ街も人気のスポット。カフェやお土産店が並んでいるので、散策するだけでも楽しいですよ。

その後は、四国霊場51番札所の「石手寺」に向かいましょう。
数々の重要文化財を所有する石手寺には鬼子母神への安産祈願に訪れる人も多く、奥の院に向かう途中で出会う「マントラ洞窟」も、パワースポットとしても人気です。

道後温泉街に向かったら、道後温泉本館から徒歩3分ほどの場所にある「道後ぎやまんガラス美術館」に足をのばしてみて。
明治から大正にかけての和ガラス製品が300点も展示され、希少なぎやまん・びいどろも所蔵しています。
美術館は水や緑があふれる庭園に囲まれ、夜にライトアップされるガラスと水のオブジェで幻想的な世界を楽しめる、カップルにはぜひ訪れてほしい場所です。

夕飯前には、道後温泉本館で旅の心地よい疲れを癒やしましょう。
入浴後は、道後温泉本館から駅までのびる「道後ハイカラ通り」の散策でクールダウン。
たくさんのお店が並ぶ商店街で愛媛名産の柑橘ジュースの飲み比べをしたりお土産を選んだり、さらにあの「坊ちゃんだんご」にも出会えますよ。

駅前まで出てくれば、タイミングによっては坊ちゃん列車に会えるかも!
松山は道後温泉と市内観光もあわせて、たっぷり時間を使って満喫してほしい場所なのです。
公共交通機関で松山観光をするなら、市内電車乗り放題のお得なチケットを利用しましょう。
1Dayチケットと2Dayチケットがあり、それぞれ大人500円と800円です。

松山城の観覧とロープウェイ乗車、さらに坊ちゃん列車の乗車チケットがセットになった松山城らくトクセット券(大人1,700円)もあわせて利用すれば、お得に充実した松山観光が楽しめますよ!

■松山城
住所
愛媛県松山市丸之内
営業時間
天守・二之丸史跡庭園は9:00~17:00(札止め16:30)
ロープウェイは8:30~17:30(リフトは8:30~17:00)
※平成29年2月1日(水)~ 平成29年7月31日(月)の営業時間
定休日
天守は12月第3水曜
電話番号
089-921-4873(松山城総合事務所)
HP
http://www.kurobe-dam.com/
■石手寺
住所
愛媛県松山市石手2-9-21
営業時間
不明
定休日
不明
電話番号
089-977-0870
HP
http://nehan.net/index-06.htm
■道後ぎやまんガラス美術館
住所
愛媛県松山市道後鷺谷町459-1
見学時間
9:00~22:00(入館は21:30まで)
定休日
不明
電話番号
089-933-3121
HP
http://www.dogo-yamanote.com/gardenplace/museum/
市内電車乗り放題のお得なチケット情報はこちら
※情報は記事公開日時点のものになります。