• 2017年4月25日 更新
  • 1,111views
  • Yokito

Yokito

オシャレすぎて困っちゃう♪超キュートな航空会社「ブラニフインターナショナル」って知ってる?!

今では伝説となった超キュートな航空会社「ブラニフインターナショナル」!昔にこんなにデザインが可愛いエアラインがあったなんて…と驚くこと間違いなしの航空会社なんです◎今回はそんなブラニフインターナショナルについて、詳しくご紹介していきたいと思います♪

どうして“伝説のエアライン”なの?

ブラニフインターナショナルの飛行機

このブラニフインターナショナル航空は、アメリカのテキサスを中心に営業していた航空会社で、1928年から80年代まで根強い人気を誇ったエアラインの一つでした。中でも革新的だったのが、ブラニフインターナショナルが掲げた「THE END OF THE PLAIN PLANE (退屈な飛行機の終焉)」というキャッチフレーズ!

@9zarrがシェアした投稿

これまでの航空会社というものの概念をひっくり返すこのキャッチフレーズは、エミリオ・プッチやアレキサンダー・ジラルドらと共に作られ、1960年代に掲げられました。

世界初の機体カラフルペイント&エミリオ・プッチの客室乗務員のユニフォーム

まずブラニフが取り組んだのが、当時世界初であった機体のカラフルペイント!!テーマは「ジェリービーンズ・フリート(ジェリービーンズの艦隊)」。ターコイズやレモンイエローといった鮮やかな15色で機体を塗装し、客室乗務員の制服をエミリオ・プッチがポップでキュートに生まれ変わらせました。

このようにブラニフインターナショナルは、60’s~70’sのポップカルチャーを詰め込んだ航空会社として一気に脚光を浴び、当時、世界的に“最も成功している航空会社”として名を知らしめたわけです☆

残念ながら破産してしまいましたが…今でもグッズはゲットできちゃいます♪

80年代に経営難に陥り、残念ながら倒産してしまったブラニフインターナショナルですが、そのキュートなデザインコンセプトには未だにファンが多く、現在もネットでグッズが販売されています♪

SASAさん(@k1r1no)がシェアした投稿

販売されている商品はソフトキャリーやトートバック、スーツケース、トラベルオーガナイザーと様々で、きっとお気に入りのグッズになること間違いありません♪

こんなハイセンスな航空会社があったら、旅行がますます楽しみになるはず!もしも、復活したなら、すぐに予約したいですね!

※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。