• 17.04.26 更新
  • 139views

トリドリ編集部

叶うのは1つだけ! 三重県の神明神社でお祈りしよう!

三重県鳥羽市の神社「神明神社」をご存知ですか?
境内に佇む末社「石神さん」は、女性の願い事なら必ず1つは叶えてくれるとの言い伝えがあり、パワースポットとしても有名です。

願いを1つだけ叶えてくれる!「石神さん」

参拝する女性

三重県鳥羽市にある「新明神社」の中に、「石神さん」という愛称で親しまれている小さな社があります。
「石神さん」は、玉依姫之命(たまよりひめのみこと)という女神を祀っている社です。女性の願い事ならば必ず1つは叶えてくれると、古来より言い伝えられています。
ご神体は石で、パワースポットとしても知られており、願いを叶えたい! という女性が全国各地から訪れる場所です。
新明神社は相差(おおさつ)地区の氏神さんとしても、地元の方々に大切にされています。
夜は社のライトアップもされているので、幻想的な雰囲気の中「石神さん」に参拝するのもおすすめです。

パワーをしっかりと受け取って、願いも成就させられると良いですね。

ピンク色の祈願用紙に願い事を1つだけ♪

Kazumiさん(@haruai8)がシェアした投稿

「石神さん」に願いを伝えるために、きちんと参拝しましょう。

まずは、手水で手と身を清め、心を鎮めてから二礼二拍手一礼でお参りです。
そして、薄いピンク色の、「石神さん」の祈願用紙に願い事を1つだけ記入します
そして、「石神さん」の前にある願い箱にその紙をそっと入れ、祈りましょう。

「石神さん」のお守りを一緒に連れて帰ろう!

参拝が済んだら、是非、新明神社「石神さん」のお守りを一緒に連れて帰ってください。 お守りは、袋型とストラップ型の2種類。温かみを感じる、地元の海女さん手作りのお守りです。
海女の磯着に見立てた麻の布で作られた袋に、貝紫色で星と格子の模様が刺繍で綴られています。
一風変わったこのお守りの模様は「ドーマン・セーマン」と呼ばれる、魔よけのマークです。 星は一筆書きで元に戻ってくることから「海女が海に潜っても無事に戻れる」、格子には「悪霊や魔物が入る隙がない」という意味があります。 願いが叶うように、お守りの口紐を「叶い結び」にしている心遣いも嬉しいですね ストラップ型のお守りには、小さな本真珠がつけられています。
そして、願い事が叶ったら、「石神さん」に足を運び、丁寧にお礼参りをしましょう。

お礼参りをすると、また1つ新たな願い事を聞き入れてくれますよ♪

■新明神社
住所
三重県鳥羽市相差町1385
拝観時間
9:00~17:00
拝観料
無料
お守り代
袋型/800円、ストラップ/1,000円
電話番号
0599-33-7453(相差海女文化資料館)
HP
http://www.oosatsu.net/midokoro/ishigami/
※情報は記事公開日時点のものになります。