トリドリ編集部

GWは可愛いすぎる食器をGETしよう♡「九谷茶碗まつり2017」が今年も開催!

全国で様々なイベントが開催されるGW。中でも三大陶器市のひとつとして、3日間で30万人もの人が訪れると言われる石川県、能美市で開催される「九谷茶碗まつり」は特に訪れる価値アリです!石川県の旅行やお出かけの際に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

九谷茶碗まつりとは?

陶器のイメージ
Photo credit: pelican via VisualHunt.com / CC BY-SA

九谷茶は石川県南部の加賀市や小松市、能美市を中心とした伝統工芸品。赤、黄色、紫、緑、紺青の色鮮やかな5色を厚めに塗った陶器でファンも多いです。いろいろな作家さんの作品や、普段使いに最適なものまで…そんな九谷焼がわんさか集まるのが「九谷茶碗まつり」なのです。テナント数はなんと50以上!毎年5月3日~5日に3日間行われます。卸売業者や製造元から直接買えるということもあって、いつもよりもカナリお値打ちな価格で購入できるのが魅力♡

効率よく品物を手に入れるコツは?

ゆみさん(@yym109)がシェアした投稿

大人気イベントなので混雑必至!!3日間開催されていても、1点モノやよいモノは初日で売り切れてしまうそう。初日の午前中を狙って行くのをオススメします。また、雨の日はお客さんも少なくなる傾向があり、特に雨の日の夕方6時以降だと、売り子さんと話し込んだりして、好きな作家さんの作品を吟味して買うことが出来るかもしれません。会場への行き方は、電車で行かれる方は、JR能美根上駅から、車で行かれる方は粟生工業団地の無料駐車場からそれぞれ往復200円のシャトルバスが出ていますのでそちらを利用してください。1テナントで2,000円以上購入すると200円割引の利用券がもらえるので、実質シャトルバス代が無料になります。

オススメは九谷青窯

毎回、超人気なのは九谷青窯(せいよう)の食器。普段使いしやすく、なおかつオシャレで、料理もより一層美味しそうに見え、食卓に並べるのが楽しみで仕方なくなりそうなモノばかり。整理券や入場制限などはないので、ここは本当に凄い混雑ぶり。品物を手に取れたとしてもレジ待ちの長蛇の列は覚悟してください…それでも、頑張った甲斐のあるステキな器たちに出会えますから♡♡

■九谷茶碗まつり2017
会場
石川県能美市九谷陶芸村特設会場
日程
2017年5月3日(水)~5日(金)
TEL
0761-58-6656(九谷茶碗まつり運営委員会)
アクセス
(車)北陸自動車道 美川ICより15分または小松ICより20分で粟生工業団地無料駐車場まで。有料シャトルバス(往復200円)にて会場へ
(電車)JR能美根上駅より有料シャトルバス(往復200円)
駐車場
粟生工業団地無料駐車場
開催時間
8:30~19:30(最終日は18:00まで)
入場料
無料
HP
http://kutani.jp/matsuri.html
※情報は記事公開日時点のものになります。