• 2017年5月1日 更新
  • 261views

南まい

定食がまさかの4千円?!ニューヨークにある大戸屋がオシャレに進化して高級和食ダイニングに!

バド_NYの大戸屋1

ニューヨークで、知人に「美味しくてニューヨーカーに大人気の和食レストランがあるよ!」と紹介されたお店。行ってみると、私たちにお馴染みの「大戸屋」だったんです!日本ではお手軽な定食屋さんというイメージですが、ニューヨークではすっかりイメージチェンジ?!大戸屋ニューヨークは、カップルがデートで使えるようなオシャレ和食ダイニングに進化していたんです!

バド_NYの大戸屋2

平日の夜にもかかわらず店頭には行列が出来ていて、やはり高い人気が伺えます。店内は日本のようなカジュアルさはなく、オシャレでモダンなインテリアに、照明も少し暗めで落ち着いた雰囲気。お客さんは日本人も多く、現地在住の方にも“日本の味”として愛されているのが分かります。

バド_NYの大戸屋3

カウンターにはずらっと日本酒が並んでいて、お酒がゆっくり楽しめる大人のダイニングといった感じです。 メニューは、大戸屋でお馴染みの定食はもちろん、焼き鳥やお造りなど、日本の居酒屋のような一品料理も充実。また単品にプラス3ドルでご飯、味噌汁、漬け物、茶わん蒸しを付けて定食にすることができます。

バド_NYの大戸屋4

早速、定食を食べてみると、完璧に日本の味!米は日本のものを使用、味噌汁のだしの味も美味しく再現されています。和食器が使用されていて盛り付けも美しく、海外でこのクオリティの和食が食べられるなんてさすが大戸屋ですね。 ただ、その値段にびっくり!鮭の西京焼き定食27ドル、ポン酢ハンバーグ定食29ドル、そして牛の塩麹焼き定食は、なんと31ドル!チップを足したら4000円もの支払いになってしまいます。日本の大戸屋なら定食が800円前後ですから、日本の約4倍という驚きの価格!

バド_NYの大戸屋5

とはいえ、マンハッタンの真ん中という立地と、オシャレな雰囲気、クオリティを考えると、日本人には貴重なレストランです。アメリカンなジャンクフードに疲れた胃には、美味しい和食は最高のご馳走。日本の味が恋しくなったら、ちょっと高級な大戸屋に駆け込むのもありかもしれませんね!

■大戸屋 チェルシー店
■大戸屋 タイムズスクエア店
※情報は記事公開日時点のものになります。
南まい
南まい
510日間100ヶ所以上の世界遺産を周って世界一周しました! 女ひとり旅本「独女世界放浪記」(ポプラ社)を出版後、 NHK BS1「エルムンド」海外レポーターとして約70日間の世界二周目も達成! 現在は添乗員として月の半分以上を海外で過ごしています。訪問国数80カ国以上。