まさに秘境!!濁ることのない水から成る限りなく美しい神秘的な池とは!?

新潟県津南町に決して濁ることのないどこまでも透き通った美しい池があるのをご存知でしょうか?その名も「龍ヶ窪」。癒しスポットとしてもオススメです。

決して濁らない理由って?

龍ヶ窪

龍ヶ窪の水は、大量の地下水です。湧き出す水は1分間に30トン、1日で43,000トン。1日で池の全ての水が入れ替わってしまうので、濁ることなく抜群の透明度を保つことが出来ていると言われています。その水の清さは水中の水草や藻だけでなく、池の底まで見えるほど。そして真夏でも凄く冷たくて気持ちいい!あまりの水の綺麗さから、1985年には、環境省の「名水百選」にも選定されました。山深いこの場所は豪雪地なので、冬場は観光できません。4月の下旬から11月初旬の紅葉シーズンあたりまでが観光可能な時期です。

池にまつわる伝説もある

この龍ヶ窪の畔には、この池にまつわる伝説が書かれた立て看板があります。 食糧もなくなり水も枯れ果てたこの地で困り果てた青年が、竜の卵を盗みました。卵を産んだ母親の竜は怒って村人を殺そうとしましたが、事情を知り、懇願する村人たちに心打たれ、何日も雨を降らせて池を作ってくれました。そのおかげで村人たちの生活にも潤いがもたらされました、という話。竜が村人たちを救ってくれたというこの伝説から、池は「龍ヶ窪」と名付けられ、神社を建立、竜神様をお祀りし、毎年7月には祭りを行なっているそうです。

アクセス方法は?

K.Suzzyさん(@k.suzzy)がシェアした投稿

さて、気になるアクセスですが、最寄駅と言えるほど近くに駅はないので、車で行くのがベストです。 現地には普通車の駐車場が10台、200円で停められます。一度遊歩道を歩き始めるとトイレはありませんので、トイレは駐車場にあるところで済ませておきましょう。龍ヶ窪から車で5分ほどのところには、竜神の館という日帰り入浴施設があります。内湯だけでなく露天風呂もあるので、開放感たっぷり!お帰りの前に、歩き疲れた体を癒やしてみてはいかがでしょうか。

■龍ヶ窪
※情報は記事公開日時点のものになります。