• 17.05.05 更新
  • 239views

トリドリ編集部

SNSでも注目されちゃうかも!! 身体の半分は違う国?歩いて国境越えができちゃうところを紹介!!

日本にいると経験できませんが、世界には歩いて国境が越えられる場所がいくつもあります。歩いて国境の越えられる場所なんて、ちょっとウキウキしますね!これからそんな国境またぎできるスポットを紹介するので、ぜひ貴重な体験をしに行ってみましょう!その瞬間を写真に収めて、お土産話として持って帰るのも素敵ですね。

日本では考えられない!徒歩での国境越えについて

徒歩イメージ

Photo credit: akaitori via Visual hunt / CC BY-SA

日本は周りを海に囲まれた島国なので、他の国へ行く場合、飛行機や船を使うことになります。飛行機内のモニターで飛行ルートが確認でき、「このあたりを飛んでいるな」と分かったりしますが、「今、国境を越えた!」というのは分からないものです。しかし、隣の国と陸路でつながっている国の場合、車や電車、そして徒歩で国境を越えることが可能なのです。パスポートや入国審査が必要ですが、気軽な感じで隣の国に入ることができます。徒歩で国境を越えるので、右足と左足が違う国なんて不思議な体験もできちゃいます。どんな感じで国境を越えるのか詳しくみていきましょう。

入国審査は?徒歩で国境越えの手続き

徒歩で国境を越える時、どんな手続きが必要なのでしょうか?人気の観光地、ナイアガラの滝を例にみてみましょう。カナダとアメリカにまたがるナイアガラの滝は、レインボーブリッジを徒歩で渡ってアメリカ側、カナダ側を行き来することができます。国境を越えるのでパスポートと、カナダ側から渡る場合は橋の通行料が必要です。橋の中間地点が国境となっていて、「INTERNATIONAL BOUNDARY LINE」と書かれたプレートがあります。せっかくなので、記念撮影を忘れずに!橋を渡りきると、入国審査があります。橋からみるナイアガラの滝も迫力満点で美しいのでしっかり眺めておきましょう!

行ってみたい!こんなところが歩いて国境越えができる場所

ヴァチカンを徒歩で渡ってサムズアップするテンション高めの女性

世界最小の国であるバチカン市国はイタリアのローマ市内にあるので、観光客や礼拝者で毎日賑わっています。イタリアを観光にプラスして徒歩で国境越えの叶う場所です。

他にも歩いて国境を越えられる土地があります。マレーシアの都市ジョホール・バールでは、徒歩でシンガポールへ渡ることが可能です。

スイスのバーゼルはフランスとドイツに隣接しているので、なんと徒歩で3ヵ国を渡ることができます。現地の人々も買い物などの気軽な感じで、行き来しているようです。

※情報は記事公開日時点のものになります。