餃子女子におすすめ!餃子パラダイス台湾に本場の餃子を食べに行こう♪

餃子

最近、日本でも大ブームとなっている餃子!美味しい餃子を求めて食べ歩きをする餃子女子が急増しています。餃子の本場、台湾では餃子は主食として食べられ、種類豊富で値段も安く庶民にとって身近な存在。そんな餃子パラダイス台湾の餃子についてご紹介します。

台湾といえば水餃子!

水餃子

日本では餃子といえば焼き餃子をイメージすることが多いですが、台湾では水餃子が最もメジャーな食べ方です。水餃子といってもスープに入ったものではなく茹で餃子のことで、「水餃」と呼ばれています。副食ではなく主食という認識なのでライスと一緒ではなく、酸辣湯などのスープと合わせて食べられます。ほとんどのお店で皮から手作りされていて、ちょっと厚めの皮は茹でるとぷりぷりもちもちの食感がクセになる美味しさです!

焼き餃子も大人気!

焼き餃子

一方「鍋貼」と呼ばれる焼き餃子も大人気!日本では棒餃子と呼ばれるような細長い形のものが一般的です。鍋貼も、皮は日本よりやや厚め。食べごたえのある皮がカリッと香ばしく焼かれます。もちもちでパリパリの皮と肉感のあるジューシーな餡は、これこそ餃子!といった王道の美味しさです。中身の餡には豚肉と白菜が入っているものが多く、ニラを使ったものは「韭菜鍋貼」として別メニューで記載されています。意外なのは、本場の餃子にはニンニクが入っていないということ。ニンニクは調味料スペースに置いてあることが多く、好みでつけて食べるものなのです。

自分好みに餃子を楽しむ!

餃子屋さんの調味料

調味料スペースの充実っぷりは、台湾餃子を食べる時の楽しみのひとつ。お醤油やお酢、辣酱(唐辛子ペースト)、ニンニクなど、どの店にもたくさんの調味料が並べられていて、自分好みに調合できます。よく置かれている「香醋(こうず)」と呼ばれる褐色のお酢は、長期間熟成されたお酢で独特の香りがあり、こってりとした餃子をさっぱりといただけるのでおすすめです。

餃子屋さんのメニュー

台湾では、皿ではなく1個から注文できるので、色々な餃子を少しずつ試すことができます。中国語の看板で注文に迷ったら、少ない個数であれこれ頼んでみましょう。値段はだいたい1個4元(約15円)からと激安!この値段なら、お腹いっぱい食べても、懐が痛みませんよね♪
店によって形や大きさなど様々ではありますが、とにかくもちもちとした手作りの皮の美味しさは感動もの!餃子女子の皆さん、次の連休には餃子パラダイス台湾に本場の餃子を食べに行く旅はいかがですか?

※情報は記事公開日時点のものになります。
南まい
南まい

510日間100ヶ所以上の世界遺産を周って世界一周しました!
女ひとり旅本「独女世界放浪記」(ポプラ社)を出版後、
NHK BS1「エルムンド」海外レポーターとして約70日間の世界二周目も達成!
現在は添乗員として月の半分以上を海外で過ごしています。訪問国数80カ国以上。