トリドリ編集部

「紫のさくら?!」なんてあるの? とにかく美しすぎるジャカランダを見に行こう♪

私たちが「さくら」と聞いて、大半の人が思い浮かべるのは美しいピンク色ですよね。でも世界には紫のさくらと呼ばれる花があるのを知っていますか?その神秘的な花「ジャカランダ」が楽しめる場所や季節などをご紹介します!

世界三大花木の一つ「ジャカランダ」

ジャカランダ

ジャカランダとはアルゼンチンや南米に多く分布している樹木で、品種は約50種類。高さは15メートルぐらいで、中には30メートルに達する大きいものもあります。春から初夏にかけて紫色の花を咲かせ、木を覆うほどたくさんの花が咲くので、世界三大花木の一つとされているとても美しい樹木です。その神秘的な美しさからよく街路樹などにも使われることも。木々たちが紫色で一面に覆われた景色は絶景そのもの!ジャカランダの美しさは、あなたの心を癒やしてくれること間違いなしです。

とにかく素敵すぎるジャカランダを見に行こう!

ジャカランダ

そんなジャカランダの美しさを楽しめるのは、南アフリカやオーストラリア、ポルトガル、などがあります。ツアーも企画されるほど人気の観光地です。なんと国内でも5月~6月にかけて、ジャカランタが楽しめる場所があります!長崎県雲仙市では温泉街に日本一のジャカランタの大木があるので、観光客に大人気!また、宮崎県日南市南郷には群生林が広がり、静岡県熱海市の親水公園沿いには「ジャカランダ遊歩道」が作られ、新名所として親しまれています。木を紫に染めた景色も素敵ですが、散った花びらでできる紫の絨毯もまた素敵。一度見てみる価値あり!

美しいだけじゃない!ジャカランダの花言葉は?

ジャカランダは花が美しいだけじゃないのも魅力の一つ。なんとジャカランダの花はトランペットのような形になっています。その形はファンファーレを吹く姿を連想させてくれるため、「栄光」「名誉」という花言葉があります。その神秘的な紫色は高貴な色とされ、王室をイメージするとも言われています。見た目だけでも十分美しくて魅力的なのに、花言葉までおめでたいなんて素敵すぎますよね。ジャカランタの若木も簡単に購入することができるので、栄転祝いなどに贈るのもオススメです!

※情報は記事公開日時点のものになります。