北欧でお洒落な雑貨に出会いたい!蚤の市で宝探しをしてみよう

可愛い雑貨天国!蚤の市って知ってる?

ヨーロッパでは週末になると蚤の市と呼ばれる屋外マーケットが開催されます。
フリーマーケットのようでもガラクタ市のようでもあり、ヴィンテージ市でもある不思議な魅力がたっぷり詰まったマーケットです。
中でも北欧では、夏場になると蚤の市が頻繁に開催されます。

限られた予算の中で喜ばれるお土産を探そう

 

物価の高い北欧では、旅行の予算やお土産探しが重要なポイント。
蚤の市では、日本でも大人気の北欧雑貨や食器を格安に購入する事ができます。
日本で販売されている価格の半分以下の金額で、ヴィンテージ食器を見つける事が手に入るのです。

フィンランドのガラス食器のイッタラや、アラビア、スウェーデンのロールストランドなど、お目当てのブランドが見つかるかも。
蚤の市でよく見かけるオススメの北欧雑貨は、木彫りのダーラナホースと呼ばれる置物や、ガラスのオブジェ、白樺の木から作られたハンドメイドのカゴなどです。

フィンランドの蚤の市

ヘルシンキ市内から好アクセスの「Hietalahden tori」は、夏季に毎日青空蚤の市が開かれているオススメのスポットです。
フィンランドは北欧食器の本場の国。オシャレなアイテムを探してみましょう。「Hietalahden tori」には、屋内にもマーケットプレイスがあり、フィンランドのグルメを堪能できます。

■ヒエタラハティの蚤の市 Hietalahden tori 

スウェーデンの蚤の市

スウェーデンの蚤の市で有名なのは、ストックホルムの市内中心地ヒョートリエト広場にある青空蚤の市です。こちらは一年中毎週日曜日に開催されているので、観光客にもオススメです。
こちらも屋内マーケットが隣にあるので、スウェーデンのグルメを堪能してみましょう。

■ヒョートリエト広場の蚤の市
住所
Slöjdgatan 11, 111 57 Stockholm
開催時期
通年営業、毎週日曜日

デンマークの蚤の市

デンマークの首都コペンハーゲンの人気観光地ストロイエから徒歩圏内の「トーヴァルセン広場」で夏季の毎週末に開催されている蚤の市。
デンマークブランド以外にも、北欧各国の様々な商品が並びます。

■デンマークの蚤の市 Thorvaldsens Plads Antique Market
住所
Prins Jørgens Gård 1, 1218 København, デンマーク
開催時期
4月末~10月末頃
HP
http://www.antikmarked.com/

ノルウェーの蚤の市

@vestkanttorvetがシェアした投稿

ノルウェーの首都オスロで一番古い蚤の市ヴェストカントトルゲは旅行者にも人気の蚤の市です。
高級住宅街のフログネル地区にある公園で春から秋にかけて開催されているこの蚤の市は治安も良く安心して訪れる事ができます。

■ヴェストカントン広場蚤の市
住所
Amaldus Nielsens plass, ノルウェー
開催時期
3月~12月
HP
http://www.visitoslo.com/en/product/?TLp=182045&Vestkanttorvet-bric-a-brac-antiques-market=

北欧旅行の服装はどうする?

蚤の市_イメージ

北欧旅行の服装は、時期によって全く異なる洋服の準備が必要です。

夏の北欧は日本人にとっても過ごしやすい気候で、日中は半袖や長袖のTシャツ、夜は少し冷え込む事もあるのでカーティガンや薄手のジャケットが必須です。
デンマークのコペンハーゲンや、スウェーデンのストックホルムなどは、冬場もそこまで気温は下がりませんが、厚手のダウンに厚手のパンツ、ヒートテックのインナーやタイツを重ね着して丁度良いくらいです。

オーロラ観賞などで北極圏へ行く場合は、厚手のフード付きのダウン、耳あてやニット帽、手袋、マフラーなどすべての防寒具を準備しておきましょう。


北欧の蚤の市の多くは、春から秋にかけての期間限定で開催されているので、訪れる前にホームページをチェックしてみてくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。