• 2017年5月16日 更新
  • 2,369views

トリドリ編集部

日本ってこんなにカラフルだったんだ!イロトリドリの景色を紹介~5月編~

トリドリ編集部から読者の皆様に向けて、毎月16日は色(16)の日に掛けて、“イロトリドリの日”といたしまして、毎月の誕生石のカラーにちなんだ観光地やお店を紹介していきます♪

本日5月16日は#旅の日と言われているのをご存知でしたか?『奥の細道』の旅に松尾芭蕉が江戸を出発した日にちなんでいるんですよ。俳句を詠むのは敷居が高いですが、インスタ投稿で旅の思い出をセンスよくまとめる事だってクリエイティブな活動だと思いませんか?

5月のテーマは「エメラルド」

エメラルド
Photo credit: greyloch via Visualhunt.com / CC BY-SA

世界4大宝石のひとつに数えられる、由緒ある宝石「エメラルド」。その歴史は古く、古代ギリシア時代の文献にも登場しています。目の病気や神経の病気に効くとされ、クレオパトラが粉末状にしたエメラルドをアイシャドウとして使用していたとも伝わっています。「エメラルドグリーン」という言葉があるように緑を象徴する宝石で、宝石言葉は「幸運」、「幸福」。
今回はそんなエメラルドにちなんで、美しい緑色の風景をご紹介します。

溢れかえる緑の絶景「御射鹿池」(長野県)

御射鹿池

御射鹿池」は画家、東山魁夷の作品のモデルにもなったフォトジェニックな池で、四季折々に違った姿を見ることができます。
新緑の時期は、溢れかえる緑に圧倒されてため息しか出ないでしょう。写真を撮るも良し、画を描いても良し。思い思いに緑の絶景を楽しんでみてください。

アクセスは良くないので、できればマイカーやツアーがいいでしょう。タクシーでしたら中央本線茅野駅より片道30分程で6,000円程になります。

■御射鹿池
住所
長野県茅野市豊平奥蓼科
アクセス
1日2本程度のバスはありますが、お車推奨。

クールジャパン・グリーン「大淵笹場」(静岡県)

茶畑は日本らしい緑の景色と言えるでしょう。お茶の本場、静岡には富士山があるので、“富士山バックの茶畑”という、まさに日本らしい景色が撮れるんです。
こちらの「大淵笹場」は電線などの人工物の映り込みがなく、富士山もダイナミックに映るとして人気の写真撮影スポット。今はまさに新茶の時期なので、眩い新茶の色が晴れた空によく映えます。是非望遠レンズで撮ってみてください!

■大淵笹場
住所
静岡県富士市大淵1445
駐車場
10台
アクセス
交通機関などは無いのでお車で向かってください。

まるで別世界のよう「芳ヶ平」(群馬県)

「芳ヶ平」は群馬県中之条市に広がる、ラムサール条約に登録された広大な湿地帯。長野県渋峠近くにある「日本国道最高地点」から見下ろす壮大なスケールの芳ヶ平は、まるで別世界のようで、見ているだけでも日々の疲れを吹き飛ばしてくれそう。もちろん爽やかな空気を感じながらのハイキングもおすすめです。近くにあるチャツボミゴケ公園と合わせて行くツアーが人気でお手頃。

■芳ヶ平
住所
群馬県吾妻郡中之条町大字入山

東京から一番近い棚田「大山千枚田」(千葉県)

大山千枚田

日本らしい緑の景色として、緑たなびく田園風景もいいでしょう。“東京から一番近い棚田”の「大山千枚田」は週末のお出かけ先としておすすめです。田植えが5月3日に行われたので、6月頭には水面に青々とした稲穂が揃ってきます。

muroさん(@muro831)がシェアした投稿

刈り取られてから田植え前までの水面が鏡のようになる時期も美しいと評判です。あなたはどっちの棚田が好きですか?

■大山千枚田
住所
千葉県鴨川市平塚

世界も震えた神秘の光景「上色見熊野座神社」(熊本県)

Shinさん(@shingoo02)がシェアした投稿

神秘的な光景が広がっているとSNSで評判になったのが熊本県の「上色見熊野座神社(かみしきみくまのいますじんじゃ)」。阿蘇エリアだったので地震の影響も心配されていましたが、こちらは目立った損傷はなかったようです。

静まり返る苔むした境内にいると、心のデトックスになりそう。大観峰や草千里など、ぜひ近隣の観光と合わせて行ってみてくださいね。

■上色見熊野座神社
住所
熊本県阿蘇郡高森町上色見2619
アクセス
最寄り駅は南阿蘇鉄道高森線、高森駅ですが、地震の影響で一部復旧していないのでお車で向かってください。
あなたも是非、イロトリドリのカラフルな光景を求めて旅に出てみませんか♪

※情報は記事公開日時点のものになります。