• 2017年5月16日 更新
  • 232views

Yokito

なんだか怪しい!?ロマンチックな夜空を知り尽くした「国際ダークスカイ協会」を参考にしてみよう♪

今回ご紹介する「国際ダークスカイ協会」。…なんだか怪しいネーミングですが、実は星空スポットを知る上で重要な協会なんです!この国際ダークスカイ協会の発信する情報をチェックしていれば、世界一ロマンチックな夜空を知ることが可能☆一体どんな協会なんでしょうか?

国際ダークスカイ協会って何?

星空保護区のテカポ湖

国際ダークスカイ協会は1988年かに設立された、アメリカのアリゾナ州ツーソンに本部を置く非営利団体。世界18か国に63もの支部を持ち、会員数は1万1000人を超えると言われています。その活動の本幹は“夜間における屋外照明の「光害」の改善”で、星空を見るのに適した場所を認定する協会でもあるんですよ♪

ゴビ砂漠の星空

この協会には「ダークスカイプレイス(星空保護区)プログラム」と呼ばれる認定基準があり、この基準を満たすと「星空保護区」として、“美しい星空が見られる場所”であると認定されます。このダークスカイプレイスプログラムは国立公園などの「ダークスカイパーク」、公有地や文化的な財産として保護されている「ダークスカイリザーブ」、町や市などの行政区分の「ダークスカイコミュニティ」、天体観測所など、最高レベルの暗さを保護すべき「ダークスカイサンクチュアリ」の4つにジャンル分けされており、夜空の暗さは元より、光害対策に地域の人々が熱心に取り組んているかどうかも判定基準。更にその場所の夜空の暗さをゴールド、シルバー、ブロンズと3段階でランク付けしています。

ダークスカイ協会認定の星空保護区リストの活用法とは?

「星空保護区」に認定される為には、厳格な屋外照明(光害)の基準をパスする必要があります。なので、認定されている場所に行けば、今まで見たこともないような絶景星空を見られるということ!
協会、そして地域の人々によって大切に守られる「星空保護区」で見られる夜空は、忘れられない光景になること間違いありませんっ♪旅行先の近くに星空保護区があるなら、是非とも国際ダークスカイ協会の情報をもとに、美しい夜空に出会いにいきましょう!

国際ダークスカイ協会認定の美しい星空3選

では、国際ダークスカイ協会に認定されているオススメスポット3選を見ていきましょう★

1:グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン国立公園

まずご紹介するのが観光スポットとしても大人気のアメリカ・グランドキャニオン国立公園。自然が創り出した大スケールの絶景が楽しめるスポットであり、ラスベガスからも近いのでアクセスも楽々です♪現地ツアーでは、グランドキャニオン国立公園に泊まって心ゆくまで星空を楽しめるものもあるので是非参加してみましょう!!

2:ケリー

ケリー国際星空保護区

アイルランド初の星空保護区は、ケリー州にあるアイベラ半島付近。最高ランクにあたるゴールド認定の場所で、北半球No.1の星空と言われています。肉眼で4000個もの星を見ることができる、光源がほぼないアイベラ半島ならではの絶景となっていますよ♪

3:ヨンヤンホタルエコパーク

アジア唯一の星空保護区認定の場所は、韓国にあるヨンヤンホタルエコパーク。ソウルから車で4時間半、シルバー認定された美しい星空が眺められます。この場所が認定されたことによりアジアでも今後ダークスカイプレイスプログラムに認定されるための光害対策運動が活発化すると言われており、実は日本の八重山諸島もその運動に取り組み始めているんですよ♪

天の川

「国際ダークスカイ協会」。てっきり怪しい団体なのかと思ったら、実は真面目で意義のある協会だったんです♪今年1番の絶景を見に、星空保護区に星空を見に行きましょう!

国際ダークスカイ協会の公式ウェブサイトはコチラ
※情報は記事公開日時点のものになります。
Yokito
Yokito
大阪出身、現マドリッド在住。ひょんなキッカケで出会ったスペイン人と遠距離恋愛の末、結婚。現在はスペイン語学校に通う傍ら、美味しいワインとハムを楽しむ日々を送っています。趣味として世界20カ国以上を旅しており、今後も"人生は旅である"と体現していく予定!!さぁ、ロマンチックな人生を楽しみましょう。