「真田丸」で人気沸騰の歴史あるスポット!大阪旅行でハズせない観光地・大阪城

真田幸村ゆかりの地として人気を集めている大阪城。なんと2016年には年間入館者数の最高記録を更新しました!そんな大阪の観光地としても外せないスポット、大阪城の歴史や魅力についてご紹介します。

大阪城の歴史

大阪城

実は現在の大阪城は3代目にあたります。最初に築城がなされたのは、430年以上も前の安土桃山時代。かの有名な戦国武将、豊臣秀吉が築城の指揮を執りました。初代の遺構は、今はもう全て埋没してしまいましたが、当時の城の面積は、現存する大阪城公園の4倍だったそうです。大坂夏の陣で豊臣家は滅亡、廃墟となっていた大阪城を再建したのは、江戸時代の徳川幕府2代目将軍・徳川秀忠です。その頃は石垣の大きさで政権の威力をあらわしていたため、石垣で掘は深い重厚感たっぷりな今の大阪城は、この2代目の時に築き上げられたものが基盤となっています。しかし2代目は築城からたった39年で落雷により焼失してしまい、3代目の工事が着手されたのはなんと昭和5年(1930年)。長い年月を経て、再建されました。鉄筋コンクリートを用いた構造やエレベーターなどの、当時の最新技術が施されています。その後平成に入ってから改修工事がなされ、平成18年(2006年)には、日本の100名城に選定された、じつに歴史ある城なのです。

巡り方は?

大阪城

ルートとしてはいくつかありますが、今回は地下鉄谷町線・谷町四丁目駅で下車し、大手門から入り、青屋門を抜けてJR環状線・大阪城公園駅へ向かう巡り方をご紹介します。まずは、大阪城の正面玄関にあたる「大手門」。屋根瓦には2代目の時代に再建されたことを象徴する“葵の紋”が使用されているのです。そして大手門を抜けて桜門へ向かう道なりにあるのが「豊國神社」。迫力ある秀吉の像が見応えたっぷり。この神社では結婚式を挙げることが出来るので、歴史好きの方にオススメ♡そして無事参拝を終え、鳥居をくぐると桜門があります。本丸の正門として造られたこの門は、国の重要文化財に指定されています。桜門を抜けると目の前にはメインとなる天守閣が聳え立っています。内部は博物館のようになっていて、様々な展示物があります。8階の展望台はなんと地上50mの高さで、大阪の街を一望できる素敵スポットです。天守閣を見学したあとは裏門にあたる青屋門へ。裏口ということで非常に簡素な造りとなっています。これにてゴール♪太陽の広場と呼ばれる野球場などの横を通り、大阪城公園駅へ向かいましょう。

季節ごとのイベントも開催

大阪城

大阪城では、四季折々のイベントが開催されています。桜の開花時期はライトアップがあったり、梅林公園は広大な場所で、梅の花を楽しめるところでもあります。既に訪れたことがある人も、まだ行った事がない人も、近年注目を浴びているスポットの大阪城に立ち寄ってみてはいかがですか♪

■大阪城
住所
大阪市中央区大阪城1-1
アクセス
(地下鉄)谷町線・谷町4丁目駅 1-B番出口
     天満橋駅 3番出口
     中央線・谷町4丁目駅 9番出口
     森ノ宮駅 1番出口、3-B番出口
     長堀鶴見緑地線・森ノ宮駅 3-B番出口
     大阪ビジネスパーク駅 1番出口
(JR)環状線 大阪城公園駅 または 森ノ宮駅
(京阪電車)天満橋駅
駐車場
大阪城公園駅前駐車場、森ノ宮駐車場(ともに有料)
開館時間
9:00~17:00 (閉館の30分前まで入館受付)
休館日
年末年始(12/28~1/1)
料金
大人 600円 中学生以下無料
HP
http://www.osakacastle.net/
※情報は記事公開日時点のものになります。