• 2017年5月24日 更新
  • 186views

トリドリ編集部

雨おんなさんご心配なく♪雨が降ってて良かった…雨の日が素敵なスポットをご紹介。

雨の日こそ!雨が味わい深くなるスポットに行ってみよう♪

雨でも傘をさして元気におでかけする女の子

梅雨の時期はどうしても、外に出るのにエネルギーがいりますよね。毎日続く雨に、うんざりしてしまう人も多いはず。だからといって、おうちに引きこもってばかりではもったいない!雨の日にしか見られない景色や、雨の日だからこそエネルギーが湧いてくる、魅力たっぷりのスポットがあるのです。そこには、お日様がある景色とはひと味違う趣深さが待っています。今年の梅雨は、これまでと違う大人の過ごし方で、雨のお出かけを思いっきり楽しみましょう!

雨音を聞きながらしっとりと楽しめる絶景の“コケスポット”に出かけよう!

青森県の十和田湖にある「奥入瀬渓流」は、渓谷と滝、深い自然林などマイナスイオンたっぷりのスポット。穏やかな川の流れを眺めながら渓流に沿って散歩をしていると、コケの鮮やかな緑に覆われた岩たちに出会います。奥入瀬渓流にはなんと300種類のコケが生息しているそうで、2013年に「日本の貴重なコケの森」に選定されるほど。岩の他に木の樹幹や朽木、さらに川を流れていく転石の上などでさまざまなコケの姿を見ることができるのです。

■奥入瀬渓流
住所
青森県十和田市奥瀬
電話番号
0176-74-2700(奥入瀬インフォメーションhakocco)
HP
http://towadako.or.jp/sansaku-map/oirase-nenokuchi/

また、群馬県にある「チャツボミゴケ公園」には、チャツボミゴケという全国でも珍しいと言われる種類のコケに出会えます。そのかわいらしい姿を見られるのは、本州でここだけ!ビロード絨毯のようで思わず触れたくなるモコモコとした姿に、きっと惚れてしまうでしょう。 これまでは意識せず踏んでいたコケに視線を落とし、腰を下ろしてじっくりと観察してみてください。しとしと降る雨に濡れるコケの姿にも生命力を感じ、次第に愛しく思えるようになりますよ。

■チャツボミゴケ公園
住所
群馬県吾妻郡中之条町大字入山13-3
電話番号
0279-95-5111
見学受付時間
9:00~15:30
HP
http://chatsubomigoke.web.fc2.com/

都会でも出会える!雨の日にこそ出かけたくなる絶景スポット

@michikow_96がシェアした投稿

南青山の根津美術館内併設の「NEZUCAFE」では、大きなガラス張りの窓からまっすぐに生きる木々の様子を眺めながら、美味しい珈琲やスイーツを味わう贅沢な時間が過ごせます。太陽が降り注ぐ日も、雨がガラスをたたく日も、木々たちの生き生きとした姿と鮮やかな緑にエネルギーをもらえる場所です。都会にいることを忘れ、雨に濡れる静かな森を見つめながら緑の命を感じられるでしょう。

■根津美術館
住所
東京都港区南青山6‐5‐1
電話番号
03‐3400‐2536
開館時間
10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
月曜日、展示替期間、年末年始、ただし月曜日が祝日の場合は翌火曜日
HP
http://www.nezu-muse.or.jp/

@eyelove0629がシェアした投稿

港区虎ノ門にある「光明寺」は都会のオアシスとも言うべき空間。お参りの休憩ができる場所となっている本堂前のテラスでは、日頃の忙しさを忘れて心穏やかに過ごすことができます。お寺周辺のオフィスから、仕事のお昼休みにお弁当を持って心を休めに訪れる人も多いそう。雨の日には、鬱々とした気分と向き合いながら物思いにふけったり、ただ雨に濡れるお寺や町の様子を眺めたりするのも楽しいでしょう。

■光明寺
住所
東京都港区虎ノ門3-25-1
電話番号
03-3431-5985
見学受付時間
9:00~15:30
HP
http://www.komyo.net/web/kamiyacho.html

関西方面で絶景スポットが揃う京都では、天気に恵まれたいと願う人が多いはず。しかし、雨の日の京都も風情ある景色が待ってくれていますよ。見たことがない京都の顔が見たいという人は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

「雨の日」の京都は実はオススメだった!しっとりした風情の街歩きを楽しもう♪
※情報は記事公開日時点のものになります。