今訪日外国人にも話題の「農家民泊」!実際に何ができるの?

時には都会の喧騒を離れ、自然に囲まれた田舎で土に触れたりしてみたい…。そんな人におすすめなのが「農家民泊」。農家に宿泊しながら農業を体験できたり、採れたての野菜をいただいたりすることもできるんです。最近、日本を訪れる外国人からじわじわと人気が出てきている「農家民泊」をご紹介します♪

「農家民宿」と「農家民泊」はどう違うの?

「民泊」って聞いたことありませんか?「民泊」とは、一般の民家に泊まることで、農業を営む家庭が空いている部屋を提供することを「農家民泊」と言います。一文字違いの似ている単語で「農家民宿」という言葉もあります。「農家民宿」の場合、提供する部屋が33㎡以上あり、旅館業法の許可を取得する必要があります。一方、「農家民泊」の場合は、空いた部屋が1つでもあり、提供できる農業体験や自然遊びが1つでもあれば、旅館業法をクリアする必要はありません。宿泊客は、農作業を体験したり、採れたての農作物を食べたりできるので、その土地についてより深く知ることができるんです。

農家民泊へ参加する訪日外国人も多数!魅力は何?

田舎の景色

実は、日本を訪れる外国人からの人気もじわじわと上がってきているのだそう。何度も日本を訪れている人の外国人の中には、きらびやかな人気スポットよりも、山と田んぼだけの田舎の景色に日本の原風景を感じる人も少なくないのです。また、宿泊先を提供してくれる農家の方との交流も通常の観光ではなかなか味わえない旅の醍醐味ですよね。「農家民泊」では、田舎でのんびりとしたステイを楽しめるだけでなく、農業体験もできるのでより深く日本の文化について触れることができるのです。

日帰りでもできる農業体験もたくさんあります♪

都会の喧騒を離れ、空気の澄んだ田舎で過ごしたい!と思っていても、いきなり「農家民泊」で泊まるのはハードルが高いな…と感じる人には、日帰りでもできる農業体験がたくさんあるんです♪おすすめは「ベジQ」さん。伊勢原と柏にそれぞれ畑があり、農業体験と、体験で自ら収穫した野菜を使ったBBQができるのがポイントです!

■ベジQ
手ぶらコース料金
大人(中学生以上)/4,500円、子供(3歳~小学生)/2,500円
持ち込みコース料金
大人(中学生以上)/2,500円、子供(3歳~小学生)/1,500円
HP
http://vegetable-bbq.com/
※情報は記事公開日時点のものになります。