トリドリ編集部

ちょっとおしゃれな大人の贅沢 京の夏の風物詩「川床」を体験しよう!

京の夏の風物詩「川床」。「川床」とは、蒸し暑い京都の夏を涼しく過ごすため、川沿いの料理店がしつらえる店外席のことです。その歴史は、安土桃山時代にまでさかのぼるといわれています。「川床」を出す地域で有名なのは、鴨川沿いと貴船川沿い。夏に京都観光をするなら、「川床」でちょっと贅沢にお食事を楽しんでみませんか?

「川床」でお食事を楽しむには…

川床

「川床」の期間は、主に5月~9月。鱧や京野菜などを使った、豪華なお食事を楽しめるのが魅力です。ランチでもディナーでも「川床」を利用することができますが、予約は必須です。お店によって、予約締切やチャージ料の有無があるので、よく確認しましょう。雨の場合でも、ほとんどのお店が店内席を用意しているので、キャンセルせずにお店に向かいましょう。特に服装に制限はありませんが、素足で「川床」に上がらないのがマナーです。靴下を持参すると良いですね。また、貴船川沿いや夜間は冷えることがあるので、カーディガンなどを用意しておくと万全です!

鴨川納涼床といえば「鶴清」

「鶴清(つるせ)」は、昭和初期創業の老舗で、宮大工が手掛けてた総檜造りの建物が特徴的な料理旅館です。約200名を収容する日本最大級の「川床」が自慢です。川床料理は「すずみ料理」と呼ばれるもので、ランチが5,000円、6,000円の2コース、ディナーが8,000円、9,000円、12,000円の3コースあります。ランチは、5月と9月のみの営業となります。鮎の焼物、鱧鍋、鮑、海老、いかの石焼など、新鮮な吟味された素材を楽しむことができます。

■鶴清
住所
京都市下京区木屋町五条上ル
営業時間
昼食 11:30~15:00 (最終入店14:00)  夕食 16:30~21:30 (最終入店20:00)
定休日
不定休
電話番号
075-351-8518
HP
http://tsuruse.sakura.ne.jp/index.html

京の奥座敷を「ひろや」で堪能

京の奥座敷といわれる貴船。その貴船で川床料理を最初に始めたというのが「貴船ひろや」です。昭和初期、叡山電鉄開通を機に料理旅館を創業。山家の風情ある落ち着いた佇まいの中でいただく川床料理は、ランチ・ディナーともに6,000円~23,760円、7コースのラインナップです。清流の川面に床を張った「川床」で、せせらぎを聴きながら、趣向を凝らしたお料理が楽しめます。

■ひろや
住所
京都府京都市左京区鞍馬貴船町56
営業時間
11:00~19:00 (ラストオーダー)
定休日
不定休
電話番号
075-741-2401
HP
http://www.kibune-hiroya.com/index.html
※情報は記事公開日時点のものになります。