• 2017年6月2日 更新
  • 176views

トリドリ編集部

フェリーで10分?!日帰り旅行に最適な福岡の「のこのしまアイランドパーク」が楽しすぎる♪

能古島

離島というとどうしても行きづらい印象がありますが、今回ご紹介する福岡の能古島は日帰りでも十分楽しめる離島なんです。そんな能古島を代表する観光地といえば、「のこのしまアイランドパーク」!では、さっそくご紹介していきましょう♪

のこのしまアイランドパークで楽しめる花々

昭和44年に開園した「のこのしまアイランドパーク」は、能古島の北エリアにある広大な自然公園。福岡県を代表する花の名スポットとしても知られています♪菜の花やひまわり、コスモス、水仙など、四季折々の花を楽しむことができ、一面に広がるお花畑はとってもフォトジェニック☆

@ryunnnaさん(@ryuhhha)がシェアした投稿

花畑の近くには宿泊可能なコテージがあるため、ゆっくり滞在することも可能です。しかもなんと宿泊客は能古島キャンプ村と海水浴場の使用が無料!嬉しすぎます♪さらに園内には、たくさんのアスレチック遊具やオリジナルのグラウンドゴルフ「のこのこボール」もあります。アクティブ派のカップルは是非トライしてみて下さい♪他にもふれあい動物園や陶芸体験、ロープスキーとアクティビティが満載です。

海鮮だって楽しめる美味しい能古島BBQ!!

食事施設としては、レストランがあるほかバーベキューハウスでBBQができます。お肉はもちろん、金額によっては伊勢エビやサザエ、アワビなどが選べます。またバーベキューハウスは屋内はもちろん、屋外には屋根付きのテラス的もあり、天候にかかわらず楽しめるんです。

周りを海に囲まれた、最高のシチュエーションで食べられる絶品バーベキューは、もちろん食材の持ち込みも可能です。できれば、お肉だけではなく海鮮も堪能してみて下さいね♪

福岡主要地から、のこのしまアイランドパークへのアクセス

博多駅や天神駅から「福岡市営地下鉄空港線」に乗り「姪浜駅」へ行きます。「姪浜駅北口」から西鉄バスに乗り「能古渡船場」で下車します。そこから、「能古島渡船場行きフェリー」に乗船し約10分で能古島に到着!船着場からはアイランドパーク行きのバスが出ています。 緑豊かな能古島で過ごす日帰り旅行プラン。さらに3~6月の能古島は潮干狩りのシーズンなので、カップルや友達と、一味違う福岡旅行を楽しんじゃいましょう♪

■のこのしまアイランドパーク
住所
福岡市西区能古1624
営業時間
平日/9:00~17:30、日祝日/9:00~18:30
電話番号
092-881-2494
入園料
大人(高校生以上)/1,000円、こども(小・中学生)/500円、幼児( 3歳以上)/300円
HP
http://nokonoshima.com
※情報は記事公開日時点のものになります。