トリドリ編集部

フランスの高級リゾート「サン・マロ」でバカンス旅♪城壁に囲まれた美しい港町は魅力がたくさん!

サン・マロの街並み

ブルターニュ地方にあるサン・マロは旧市街が城壁に囲まれている街として有名です。フランスの高級リゾートであり、夏シーズンには多くのリゾート客で賑わいを見せてます。サン・マロまでは、パリのモンパルナス駅からブルターニュ入口であるレンヌまでTGVを使って約2時間。そこから普通列車へと乗り換えをしてドル経由で約1時間で到着です。

サン・マロに行ったら是非訪れたいスポットはこちら

サン・マロといえばやはり、城壁に囲まれた旧市街。市役所を右手に見て進んでいくと城壁への登り口があります。城壁は遊歩道となっており、そこから望む海の美しさは圧巻。右手に紺碧の海、左手に歴史のロマンを感じながら歩くひとときは何物にも代えられない至福のひとときです。城壁の外側にあるサン・マロ湾のビーチでは日光浴をする人の姿も見られます。またサン・マロ湾はヨーロッパ最大の潮の干満差がある場所としても知られ、その激しい干満差を利用したプールや潮力発電所も観光スポットとして人気です。街の中心にそびえたつ石造りの教会、サン・ヴァンサン大聖堂は荘厳で趣があり、ステンドグラスから差し込む光は一見の価値ありです。

■サン・ヴァンサン大聖堂
住所
Cathedrale Saint-Vincent 12 rue Saint-Benoist BP 35 35402, St-Malo
営業時間
8:30~18:30
定休日
なし(ミサの時は訪問不可)
電話番号
299408231

タラソテラピーで心身ともに極上のリラックスタイムを

タラソテラピー先進国、フランス。そのなかで最も権威ある施設はホテル「ル グラン ドテル デ テルム」内にある施設「テルムマラン ド サンマロ」。このタラソセンターは1963年に設立されて以来、その確かな技術力と最高のサービスには定評があり、世界中のセレブリティや政府高官、俳優やスポーツ選手が常連客として名を連ねていることでも広く知られています。バカンスの合間に、こちらで母なる海の恵みを実感することができる、世界最高級のタラソテラピーを受けて、日ごろの疲れを癒してみませんか?

■テルムマラン ド サンマロ
住所
100 Boulevard Hébert, 35400 Saint-Malo, フランス
営業時間
8:30~21:00
定休日
テキスト
電話番号
+33 2 99 40 75 75
HP
http://www.thalassotherapie.com/

サン・マロを味わいつくす!名物料理に舌鼓

香ばしいガレットはサン・マロ名物

サン・マロを訪れたら必ず食べていただきたい郷土料理といえば、ガレット。外はカリっとなかはモチモチ。そば粉でできたクレープで、具によって食事としてもデザートとしても楽しめます♪ サン・マロの街並みを散策しながら食べ歩きするのにオススメなのがクイニーアマン。濃厚なバターの風味が口いっぱいに広がります。また港町ならではの新鮮な魚介類も魅力的。サン・マロ近郊のカンカルの名産である生牡蠣をはじめとした、海の幸の盛り合わせ、フリュイ・ド・メールやムール貝は絶品です。

※情報は記事公開日時点のものになります。