• 2017年6月4日 更新
  • 379views

トリドリ編集部

絶大なる人気のパワースポット♡福岡県・福津市の「宮地嶽神社」で運気を高めよう!

九州・福岡県の玄界灘沿いにある福津市。ここにはご利益や景色、奉安されているものが素晴らしすぎる「宮地嶽神社」があります。今回はそんな宮地嶽神社の魅力をたっぷりご紹介します♪

圧倒される3つの日本一

宮地嶽神社

日本一のものが1つあるだけでも凄い事なのに、それが境内に3つもあるなんて驚きですよね。1つめずは大しめ縄の大きさ。直径2.6m、長さ11m、重さ3トンのしめ縄は、ここでしか見られません。掛け替えの時には、なんと1500人もの人々によって作業が行われるそうです。規模が凄すぎます!それから2つめの日本一は大太鼓。国内で調達した資材によって造られた大太鼓として日本一を誇ります。直径2.2mという、人間より大きいこの太鼓から響き渡る音は、実に数キロ先まで聞こえるのだとか。3つめの日本一は大鈴。重さ450㎏ということで、鈴といえど、とても1人で持ち上げられるような重さじゃありません。実際に目で見てその迫力あるスケールを感じてください!また敷地内には、日本各地の古民家を再現した「民家村自然広苑」があったり、境内をより一層鮮やかに彩る四季折々の花が咲いていたりして見どころたくさん!5/27(土)~6/11(日)には、見頃を迎える菖蒲の景色が美しい「菖蒲まつり」が開催されるのでこちらも注目です。

パワースポットもある

なおぴさん(@nao.86b)がシェアした投稿

宮地嶽神社は「勝利の神・開運の神」として多くの人々に信仰されていますが、商売繁盛のご利益もあるとして、地元では沢山の方々がお参りするそうです。さらにパワースポットとして有名なのが、本殿の奥に続く「奥之宮八社」。一番社から八番社まで八つの社があり、それぞれ異なる神様が祀られていますが、中でも女性からの人気が圧倒的に高いのが、五番社。女性の体や心をお守りする神様で「恋の宮」と言われ、全国各地から連日訪れる人が絶えません。

年に2回だけ見られる奇跡の光景

Keiko Satoさん(@satoeco)がシェアした投稿

毎年2月と10月の年2回だけ見られる光景「光の道」。2016年、嵐のCMで登場し話題をよんだこともあり訪れる人が急増ました。神社から向かって目の前の宮地浜に沈む夕陽と鳥居、参道、海岸、そして玄界灘に浮かぶ相島が一直線になるその姿はまるで私たちを導いてくれる道のよう。この時期に合わせて、神社では「夕陽の祭」が開催されます。約3,000本の竹灯にご神火が灯される神秘的な御祭で、参道は封鎖され、150席限定の予約制の観覧席となります。静かな落日の絶景を是非、観覧席で観賞してみてはいかがでしょうか。

■宮地嶽神社
住所
福岡県福津市宮司音街7-1
TEL
0940-52-0016
アクセス
(車)福岡市方面から九州自動車道古賀IC下車
北九州市方面から九州自動車道若宮IC下車
(電車)JR福間駅下車 バス(タクシー)にて約5分
徒歩約25分(約2㎞)
HP
http://www.miyajidake.or.jp/
※情報は記事公開日時点のものになります。