• 2017年6月6日 更新
  • 163views

トリドリ編集部

マレーシア政府もイチオシ!ランカウイ島で訪れるべきスポットとは!

のんびりとした時間が流れる常夏の島で、海にプール、スポーツにスパ、さらには買い物まで楽しめるとはなんと贅沢なのでしょう!非日常のリゾート気分を味わえる、マレーシアのランカウイ島。日本人旅行客も多く訪れるというこの穴場リゾートで、訪れてほしいおすすめスポットをご紹介します。

最上級の癒しを求めて、ランカウイ島へレッツゴー!

ランカウイ島

「ランカウイ島」って初めて耳にした人もいるのではないでしょうか。マレーシアの北西部にある島で、多くの伝説があることから別名“伝説の島”とも呼ばれています。日本からの直行便はないので、クアラルンプールで乗り継いでランカウイ島へ向かってください。日本からの所要時間は、トータル8時間半ほど。クアラルンプールやペナン島ほど有名ではないけれど、豊かな自然と美しい海が広がる隠れ家的リゾート、それがランカウイ島です。マリンスポーツやショッピングも楽しめるランカウイ島で、日頃の疲れを癒しませんか?

食事にショッピングにアクティビティ、楽しみ方は無限大!

@lovebeautyhanaがシェアした投稿


ランカウイ島に滞在するなら、「タンジュンルー」がおすすめ!目の前に真っ青な海が広がるリゾートステイを満喫できます。地元料理がいただけるレストランで美味しい食事を堪能し、屋外プールや図書室でゆっくりと過ごすこともできます。

■タンジュンルー
住所
Mukim Ayer Hangat 07000,Pulau Langkawi, Kedah DarulamanMalaysia
電話番号
604-959-1033
HP
http://www.tanjungrhu.com.my/

買い物ついでに街歩きを楽しみたいなら、「パンタイ・チェナン」に行きましょう。治安の良い繁華街に位置しており、賑わっていながらものんびりとした雰囲気が流れています。タンジュンルーからは島の反対側になりますが、車で40分ほどになります。

■パンタイ・チェナン

海を満喫したいときは、ランカウイ島から50分で行ける「パヤ島海洋国立公園」へ。パヤ島へはクアタウンから出ているジェティ(フェリー)で行けますが、個人手配は難しいので、現地ツアーを予約していくのがいいでしょう。海水浴やシュノーケリングなどマリンスポーツで思いっきり体を動かしてください。

遊べるところも充実!アクティブ派も大満足の観光スポット

スカイ・ビレッジ

買い物が楽しめるランカウイ島の中心地、クアタウンも外せません!ばらまき土産にピッタリのチープな雑貨屋やカラフル民芸品、安くて美味しいご飯屋さん、ひと息つけるカフェなどが一度に集まっています。観光地もまだまだありますよ。「スカイブリッジ」は、ランカウイの海を一望できる絶景スポット。美しい海に浮かぶ小さな島々が見えると人気です。ただし吊り橋を渡るので、高所恐怖症の方は要注意。家族連れには嬉しい入場無料のテーマパークだってあります。「オリエンタル・ビレッジ」は、山からの景色が楽しめる「ケーブルカー」や、動物とのふれあいコーナー、レストランやお土産屋など盛りだくさん。癒しのリゾート地で、存分に楽しんでくださいね。

※情報は記事公開日時点のものになります。