• 2017年6月10日 更新
  • 1,110views

トリドリ編集部

豊かな自然と治安の良さが魅力!今、北欧が女子旅にオススメな8つの理由

1.街並みが綺麗

ガムラスタン

北欧はヨーロッパの中でも、とりわけ美しいと評判の都市が数多くあります。フィンランドのヘルシンキ、スウェーデンのストックホルム、デンマークのコペンハーゲン、ノルウェーのオスロなど、首都でありながら自然も溢れています。また、中世から残る街並みとモダンな近代建築のどちらも魅力的です。例えばスウェーデンのストックホルムにある「ガムラスタン」。『魔女の宅急便』のモデルとなった美しい旧市街は外せない観光スポットです。

■ガムラスタン

2.治安が良く女子旅にオススメ

フィンランド

治安が安定している北欧は、女性の一人旅にオススメ。夜遅くに出歩かない、スリなどに注意するといった最低限の防犯対策をしていれば、特に危険を感じる事はありません。夏場は深夜まで陽が沈まない白夜になるため、遅い時間まで観光を満喫する事ができ、なんだか得した気分。地下鉄やバスなども安全なので、公共交通機関を利用して便利に移動しましょう。

3.ほとんどの観光地で英語が通じる

北欧諸国は「フィンランド語」「スウェーデン語」「デンマーク語」「ノルウェー語」とそれぞれ独自の言語を持っています。歴史の中で深く交流してきたことから、フィンランド語以外は共通点があり現地の人は相互理解が可能だそうです。北欧は人口が少ない小さな国が多いため、経済は外貨獲得が欠かせません。そのため英語教育に力を入れており、若い世代ではネイティブ並みに英語が話せる人が多くいます。観光地エリアや外国人と接する仕事の人は、ほとんどの場合で英語が通じるので安心です。

4.フォトジェニックスポットが沢山ある

“デザイン大国”と言われる北欧の国々は、オシャレな建物やお店が多く見られます。
スウェーデンの「アイスホテル」や、フィンランドのガラスイグルーで出来た「カクシラウッタネンホテル」などのデザイナーズホテルは、一生に一度は泊まってみたいですね。

■カクシラウッタネンホテル
住所
Kiilopääntie 9, 99830 Saariselkä, Finland
電話番号
+358 16 667100
HP
http://www.kakslauttanen.fi/ja/

5.田舎暮らしが体験できる

フィンランドの田舎町

デンマークは海と面する都市が多く、スウェーデンやフィンランドは国土の大半が森や湖に囲まれており、ノルウェーには断崖絶壁の絶景であるフィヨルドがあります。
北欧の国々には日本では考えられないスケールの大自然が広がっており、首都から車で一時間ほど走ると、私たちがイメージする北欧の田舎町を目にすることができます。都会の喧騒から離れて、のんびりと田舎暮らしを体験してみるのもオススメ。

6.お手頃価格でファッションを楽しめる

Monkiさん(@monki)がシェアした投稿

北欧の國は充実している社会福祉の財源を確保するため消費税が高く設定されており、食品や日用品以外は25%です。驚きの税率ですが、もちろん観光客は免税が可能。
物価の高い北欧ですが、近年はH&MやMONKIなどのファストファッションブランドが大人気。日本にまだ上陸していないファストファッションブランドも沢山あり、オシャレなデザインの洋服をお手頃価格で購入することができます。

7.夏と冬で二度楽しめる

ノルウェー オーロラ

北欧は、夏と冬では同じ国と思えないほどに気候が変わります。6月から8月中旬までの短い夏は、毎日カラッとした青空が広がり、深夜まで陽が沈みません。たくさん観光地を巡るプランなのであれば、夏の旅行がオススメ。冬になると日照時間が短くなり、一日に5~6時間ほどしか明るい時間がありません。クリスマスシーズンは、街に美しいクリスマスイルミネーションで彩られ、クリスマスマーケットが開催されます。また、雪の中から見るオーロラも素晴らしいもの。北欧には夏と冬、二度訪れる理由があるのです。

8.意外に日本から近いって知ってる?

飛行機イメージ

北欧と言うとヨーロッパの辺境の地といったイメージがあるかもしれません。ところが、実は日本から最も近いヨーロッパであるということをご存知ですか?日本からフィンランドへは、ロシア上空を通るルートだと最短で約10時間。北欧各国間は1時間ほどのフライトで移動することができます。

いかがでしたか?次回の海外旅行は北欧を訪ねてみませんか?

※情報は記事公開日時点のものになります。