• 2017年6月11日 更新
  • 228views

トリドリ編集部

童話の世界にたっぷり浸れる誰でも楽しめるスポット「宮沢賢治童話村」の魅力♡

宮沢賢治童話村とは?

宮沢賢治童話村 外観
Photo credit: rail02000 via Visualhunt / CC BY-SA

宮沢賢治の故郷である岩手県花巻市。ここにあるのが「宮沢賢治童話村」です。彼の作品の登場キャラクターたちが今にも童話の中から飛び出してきそうな、わくわく感溢れるスポットです。銀河ステーションという名の入口をくぐると、木々に囲まれた起伏のある「妖怪の小径」、「ふくろうの小径」、「天空の広場」、四季折々の山草が楽しめる「山野草園」、ログハウスの展示施設「賢治の教室」、そして「賢治の学校」などのエリアがあります。

メインの見どころは「賢治の学校」

haruさん(@ruun_ruuun)がシェアした投稿

なかでもメインスポットは「賢治の学校」です。このゾーンにある「ファンタジックホール」は、映像や音で宮沢賢治の紹介をしています。また、3枚の鏡がまるで万華鏡のように輝く「宇宙の部屋」は、名前の通り宇宙のように神秘的な空間が広がっています。その他、風や雲をイメージした「天空の部屋」、巨大なジオラマで作られた動植物の世界を体感できる「大地の部屋」、美しい水のせせらぎを感じられる「水の部屋」があり、以上の5つのテーマで宮沢賢治の世界が表現されています。彼の作品をよく知る人はもちろん、そうでない人もきっと楽しめます。見学の所要時間としては、賢治の学校が15分程、賢治の教室が30分程、他のゾーンを散策するならプラスアルファという事で合計1時間から2時間程でしょうか。都合をつけて気になるエリアだけ巡ってもいいでしょう。

■宮沢賢治童話村
住所
岩手県花巻市高松第26地割19番地
TEL
0198-31-2211
アクセス
【車】東北自動車道 花巻南ICから車で20分、釜石自動車道 花巻空港ICから車で10分
【航空】いわて花巻空港から車で15分
【電車】東北新幹線 新花巻駅より車で15分
営業時間
8:30~16:30
休館日
12/28~1/1
入館料
大人 350円、高校・大学生 250円、小・中学生 150円

ライトアップイベントは必見

2016年、宮沢賢治生誕120周年を記念しライトアップイベントが開催されました。大変好評だったので、今年も開催が予定されています。自然とオブジェを利用したライトアップはとっても幻想的で見る価値アリです。また、余談ですが食事をとるなら施設の近くにある「山猫軒」にお立ち寄りください。『どなたもどうかお入りください。決して遠慮はありません』といった、「注文の多い料理店」の原作のセリフがみなさんを迎えてくれますよ♪

■童話村森のライトアップ2017
開催日
2017/7/14(金)~10/8(日)
開催時間
毎週金曜~日曜18:00~21:00
■山猫軒 本店
住所
岩手県花巻市矢沢3-161-33
TEL
0198-31-2231
営業時間
9:00~17:00(L.O 16:30)
HP
https://www.yamanekoken.jp/wildcat-house-%E5%B1%B1%E7%8C%AB%E8%BB%92/
※情報は記事公開日時点のものになります。