• 2017年6月25日 更新
  • 570views

トリドリ編集部

大阪・中之島界隈のオシャレスポットでセンスを磨く!アート旅一日プラン

大阪といえば、道頓堀やUSJ、海遊館といった元気ハツラツな観光地を思い浮かべますよね。でもたまには大阪のアートな面も覗いてみませんか?
かつて「天下の台所」として栄えたイメージが強い大阪ですが、レトロでオシャレな建築物が意外にも多くあるんです。また美術館も充実しており、世界中の名画がたくさんやって来る場所でもあります。さらに「くいだおれの街」といわれるだけあって美味しいものが溢れていますが、味に加えて、見た目もオシャレでインスタジェニックな料理がたくさんあるのです。
大阪在住の筆者おすすめアートスポットへセンスアップしに行きましょう!
今回は北区、中央区にエリアをしぼってご紹介いたします。

「五感 北浜本館」のサロンでモーニングを

五感・フレンチトーストセット1

洋菓子店の五感さんは、百貨店にも出店していらっしゃるのでご存じの方も多いのではないでしょうか。黒豆のケーキ「ええもん」で有名です。場所は、大阪地下鉄堺筋線・北浜駅の3番出口よりすぐ。重厚な建物と、やわらかいオレンジの光が漏れる窓が目印です。1階では販売、2階のサロンでお食事できます。

五感・フレンチトーストセット2

おすすめは、名物フレンチトーストセット。口の中でとろける上品な甘さがクセになります。
大正ロマンを彷彿とさせる店内で、一日の始まりにアートなマインドを高めて。

■五感 北浜本館
住所
大阪府大阪市中央区今橋2丁目1-1
営業時間
月~土・朝9:30~20:00
日、祝日・朝9:30~19:00
定休日
10月1回、1月1~3日
電話番号
06-4706-5160
HP
http://www.patisserie-gokan.co.jp/shop/kitahama/

中之島公園界隈を散策して感性を磨く

中之島公園

地下鉄堺筋線・北浜駅から川に向かって徒歩5分ほど。中之島公園はバラ園で有名ですが、大阪府民の憩いの場所として一年中にぎわっています。レトロなデザインのワンピースを着て眼鏡橋や川沿いを歩けば、たちまちステキなモデルさんに変身!ジョギングする人、ピクニックをする人、昼寝している人など、過ごし方は人それぞれ。ここではぜひスケッチをしてみましょう。たいがいイーゼルを立て絵を書いている人がいるので、特に目立ったりはしません。気軽にアートできてしまうのがこの場所の魅力です。小さなクロッキー帳と鉛筆を持っていきましょう。画力なんて関係ありません。
大阪のリバーサイドは、ビル群と自然が溶け合って非常に美しいスポットです。また、近代的なビルとレトロ建築が融合し、東洋と西洋の文化が同居していることがわかります。大阪がアートな理由は、相反するものがたくさん共存しているところにあるのです。

■中之島公園

大阪レトロ建築代表「中央公会堂」で絶品ランチを食べましょう

中央公会堂

建物内部を見学できるだけでなく、実はランチ、カフェまで楽しめる場所なんです。「レストラン アウェイク」は、正面玄関からではなく、建物左からまわってアーケード階段を下った地下からお越しください。レストラン内装はモダンな造りで、ちょっと暗めの照明がインスタジェニックです。

レストラン アウェイク

名物は昔から変わらずビーフシチュー。今はこれのオムライスアレンジをいただくことができます。ほろほろ肉に濃厚デミグラスソースが絡まり、ふわふわの卵が口の中でとろけます。ケーキもオススメですよ。
歴史ある建物でロマンを感じながら、モダンな食事を楽しんで。

■中央公会堂・レストラン アウェイク
住所
大阪府大阪市北区中之島1-1-27
営業時間
11:30~22:30
定休日
第4火曜日
電話番号
06-6233-9660

国立国際美術館で美術作品と対話しよう

国立国際美術館 内観

大阪の美術館といえばココ!日本では珍しく地下にある美術館で、洗練されたチケットブースにテンションが上がること間違いなし。地下2階と地下1階、ふたつの展覧会が同時に開催されることが多く、その頻度が高いのもうれしいところ。絶好の写真スポットは地下1階、レストラン前の踊り場。現代アートを背景に撮ることができます。天井がガラス張りなので、自然光がやわらかく差し込んでいます。

国立国際美術館 外観

また、スチールパイプでできた建物自体も恐竜のような迫力があります。背景にすると素敵な写真が撮れますよ。
図書室やレストラン、ミュージアムショップも充実しているので、くまなく回って、美術館を満喫してください♪

■国立国際美術館
住所
大阪府大阪市北区中之島4-2-55
営業時間
9:00~17:00
定休日
電話番号
06-6447-4680
HP
http://www.nmao.go.jp/
※情報は記事公開日時点のものになります。